関東 › 神奈川

Above Bike Store(アバブバイクストア)

「ワクワクするカッコいいモノ」を届ける、オリジナルとカスタムが満載のショップ
「自転車が好きだし、キャンプも釣りも、アウトドア全般が好き。例えば山に登ってコーヒー沸かして帰ってくるだけでも生活が豊かになりますよね。そんな風に、より生活に溶け込んだ自転車の楽しみ方を伝えたいんです」。

二子玉川駅の多摩川を隔てた隣駅、二子新地から徒歩5,6分。多摩川の堤防上を走る県道から一段降りた側道沿いをしばらく歩けば、賑やかなショーウインドウが見えてくる。ここがAbove Bike Store(アバブ・バイクストア)。オーナーの須崎真也さんが迎えてくれた。

最初に断っておくと、Above Bike Storeには一般的なショップにあるような、大手ブランドのバイクは見かけない。代わりに店内に並ぶのは、ショップオリジナルの「Steel Era(スティールエラ)」や、サーリー、サルサ、シエロ、ハンターといった、こだわりのスチールフレームたち。奥にずらり並ぶファットバイクの数は他に類を見ないほどだし、クワハラを始めとするBMX、各種ピストフレームやカーゴバイク、ロングテールバイクなど、そのバリエーションは限りなく豊富で、ボーダーレス。

パーツにしても、ホイールやコンポーネントはもちろん、キャリアやバスケット、ピストやBMX用の各種アクセサリー、タウンユースで重宝しそうなバッグやアパレルもぎっしり。ショーケースで輝くクリス・キング、DIYで作ったと言う丸太のチェーンリングディスプレイ。木のぬくもりある広い店内は、まるで子供にとってのおもちゃ箱のような空間だ。

ふと壁際に目をやれば、白地に赤ラインの「Above Bike Store」ロゴ入り全日本チャンピオンジャージが目に止まる。関東のシクロクロッサーにはお馴染みの、全日本ジュニア王者である織田聖選手もこのショップチームの出身なのだ。
木のぬくもりある広い店内。まるで子供にとってのおもちゃ箱のような空間が広がる
オーナーの須崎真也さん(左)と娘さんのカレンちゃん、Swamp Thingsの沼田さん
どんなオーダーにも応えてくれるSwamp Thingsのカスタムペイント。完全に自分色の一台を組むことができる
入り口を入るとすぐ右手、扉の向こうの囲いで覆われたブースと、ラックに並ぶエアブラシや無数の塗料缶が並ぶ空間に目を奪われてしまうはず。そう、ここはAbove Bike Storeのペイントスタジオ「Swamp Things」の作業スペース。ストアで購入したバイクはもちろん、持ち込みオーダーも受け付ける、サービスの核となる存在だ。

この塗装ブースで黙々と作業をこなすのはペインターのアキ”スワンプ”沼田さん。エアブラシで好みのカラーに塗り分けてくれるのはもちろん、筆を使ったフリーハンドイラストやグラフィックも得意分野。要相談ではあるものの、迷彩やクラックペイントといった特殊塗装まで、どんなオーダーにも応えてくれる。その妙技は素敵なムービーにまとめられているので、ぜひ確認してほしい。

「楽しいモノを置いていたら、こうなりました」。須崎さんは奥様が淹れるコーヒーをすすりながら笑う。「例えば僕たちが力を入れているファットバイクって、アメリカ人の愛すべきバカさ(笑)から生まれたもの。サーリーの本社があるミネアポリスって冬は雪に閉ざされてしまうんだけれど、そんな場所でも自転車に乗りたいという気持ちがこんなにも楽しいジャンルを生んだんです。いわゆる”ギーク”たちがひたすらに喋って考えて、乗って作ったものには、リスペクト以外に何もありません」。

「日本だと、”ファットバイクなんかどこで必要があるんだ?”ってなっちゃう。でも、いいんです。楽しいから。そう須崎さんは続ける。

見た目からスポーツバイクを始めるのも大歓迎。だからこそ幅広いジャンルを取り揃え、ニーズに合ったパーツを選び、Swamp Thingsのオリジナルペイントを施してユーザーに届ける。街乗り派も、レーサーも、自分色に染め上げたバイクが欲しいのは当たり前。だからそのニーズにとことん応えたい。そんな思いがAbove Bike Storeには詰め込まれているのだ。
ストアオリジナルの「スティールエラ」。写真のMUDMANはシクロクロス用として人気だ
街乗りバイクのカスタムはお手の物。日常が楽しくなる各種アイテムがズラリと揃う
お客さんとの話が弾む。ついつい長居してまう居心地の良さがショップの魅力
ストアのオープンは2008年。しかしその前にはオリジナルバイク「スティールエラ」を販売する企業としての形があったという。

店内に並ぶ商品から分かるかもしれないが、もともと須崎さんが自転車にのめり込んだきっかけは、当時大ブームを巻き起こしていたピストカルチャーから。それまでいたアパレル業界から転身、何一つ事情が分からない中、スチールバイクを作る台湾の製造工場へと赴いて体当たり交渉し、自分の作りたいモノを形にしてしまったそう。そこからショールームとしてのストアがオープンし、移転と拡大を経て現在のスタイルに落ち着いた。

ーなぜ今、「鉄」という素材にこだわるのか。

須崎さんは「ハンドメイドの自転車が、一番作り手と乗り手の距離が近いから」と言う。「ライダーの体格や好みに合わせて、1mm刻みでジオメトリーを決める。大手メーカーにできない尖ったものを作る。決して大量生産には向かないけれど、そこからブームが生まれ、大手が追随する様子をNAHBS(北米最大のハンドメイドバイクショー)で見てきました。僕はビルダーではないのでそこまで追求できないけれど、台湾の製造現場と密に繋がっているので、細かくハンドリングができ、安価に品物を提供できる。それが僕らの強みです」。

メインとなるオリジナルブランド「スティールエラ」のバイクは2種類。シクロクロスの「MUDMAN」と、シティライド用のシングルスピード「Hide&Seek」だ。フレームのみなら6万円(税抜)と非常にお手頃で、予算に合わせてフロントフォークやパーツを組み合わせ、オリジナルペイントを施して手元に届く。特に関東のシクロクロス会場では、ここ最近MUDMANの姿を見かける機会も増えてきた。織田聖選手がベルギー、ゾルダーで開催された世界選手権で駆ったのもMUDMANだ。

ストリートテイストのバイクが多い中、MUDMANをはじめとするシクロクロスは競技系のニーズを賄う存在で、店内には高級チューブラータイヤやCX用チェーンリングなど豊富なアイテムが揃う。須崎さん自身もホビーライダーとして積極的にレースを楽しみつつ、織田選手のサポートと専属メカニックを務めてきた。その中から得たノウハウは決して少なくないはずだ。
シクロクロスジュニア全日本王者である織田聖選手を輩出している
ショールームに飾られたこだわりのハンドメイドバイクたち
ズラリと並ぶファットバイク。ここまで在庫が多いショップは国内にあまり無い
DIYで製作したという丸太のチェーンリングディスプレイ。どこかワクワクしてしまう仕掛けがあちこちに
ロードやシクロクロスのメンテナンスはもちろん、MTBのサスペンションなど油圧系パーツ、トラックバイクのチューニングや街乗りバイクのカスタマイズまで、幅広く、かつ深い知識でどんなオーダーにも応えることがAbove Bike Storeの強みだろう。カスタム好きが高じて、日本で最初にドロップハンドル+油圧ブレーキのファットバイクを作ってしまった、という逸話も面白い。

競技志向を押し出すのではなく、間口を広くとったフレンドリーなお店でありたいと須崎さんは言う。しかしメンテナンスに関しては一切の妥協無く、一台一台、価格の上下を問わず、丁寧に仕上げていくことがポリシーだという。

「最低限のメンテナンスだけで納品すれば回転も早くなるのですが、できるだけ代金以上の仕上げになるようにしたいんです。効率的ではないけれど、ユーザーの目線に立って細かく手を加えるよう心がけていますよ」と須崎さん。もちろん持ち込み修理の依頼だってウェルカムだ。

また、つい最近からWicked(ウィキッド)と名付けたオリジナルのホイール組みメニューも稼働が始まった。これは各種リム、ハブ、スポークを自由に選んでオンラインからも注文できるサービスで、製造工場とのパイプを活かしたリーズナブルなオリジナルカーボンリムやハブも用意される。弱虫ペダルシクロクロスチームの専属メカニックも務める世田谷区のショップ「EFFECT」とコラボレーションすることで、定期メンテナンスも含む高品質なサービスを提供したいという。

その他にも、カーボン素材を使ったMUDMANのリリースや、既存のショップツーリングを拡大したグルメライド、神奈川での草レースイベント開催など、実行に移していない面白いアイディアが山のようにあるという。取材時も話を聞いているうちに、すっかりと時間が経ってしまった。思わず長居してしまう緩やかな居心地の良さ(美味しいコーヒーのせいでもある)こそ、Above Bike Storeの魅力なのかもしれない。

「今はガーミンやSTRAVAなど、便利で効率的なアイテムが次々と出てきました。でも自転車の本質的な楽しさって、仲間と峠を登った時の達成感だったり、新しいルートを開拓したり、そういうことだと思うんです。多摩川沿いで営業しているのも走るフィールドが近いから。ほんの少しでも、自転車がある楽しい生活のお手伝いが少しでもできたなら、僕らは幸せです」。
手間暇かけたバイクが生み出されるメカニックルーム
ホイール組みは得意中の得意だという。Wicked(ウィキッド)と名付けたオリジナルのホイール組みメニューも稼働した
Wickedのオリジナルカーボンリム。工場との関係が深いからこそ手がけることのできる製品
扉向こうのペイントブースで黙々と作業をこなす沼田さん
店舗情報
郵便番号 
213-0002
住所 
神奈川県川崎市高津区二子1-25-18
営業時間 
12:00-20:00
定休日 
水曜日
TEL 
044-712-0074
ブログ更新情報
アクセス 
東急田園都市線 二子新地駅より徒歩5分。多摩川サイクリングロード至近
スタッフからのメッセージ
神奈川県川崎市、多摩川サイクリングロードから近くにあるABOVE BIKE STOREです。僕らが大切にしているのは、初心者の方々が満足できる商品やサービスをお届けすること。一人一人のスタイルに合わせた、気取らず、楽しい、自転車のある生活のお手伝いができればと思います。駆け込み需要も大歓迎。一緒に自転車を楽しみましょう。

Above Bike Store(アバブバイクストア)