Jプロツアー最終戦となる「第51回JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」が、群馬サイクルスポーツセンターで開催された。P1クラスタはマトリックスパワータグの佐野淳哉が優勝。マトリックスパワータグが団体戦も制し、経済産業大臣旗を手にした。



心臓破りに陣取った応援団の前を行く集団心臓破りに陣取った応援団の前を行く集団 photo:Satoru Kato
赤白帽子をかぶってスタートラインに現れた佐野淳哉(マトリックスパワータグ)赤白帽子をかぶってスタートラインに現れた佐野淳哉(マトリックスパワータグ) photo:Satoru Kato色づいた木々の中を行く集団色づいた木々の中を行く集団 photo:Satoru Kato


全22戦のJプロツアーの最終戦は、レースレーティングが最も高いAAAA(クアトロ・エー)に指定される経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ。獲得できるポイントは通常の約3倍となるだけでなく、このレースでは大会名にもある「経済産業大臣旗(輪翔旗)」が、団体戦の優勝チームに与えられる。

本来この大会は南魚沼市で開催される予定だったが、コースに使用する道路が落石や崩落により使用出来なくなったため、群馬サイクルスポーツセンターに変更しての開催となった。

当日の天気は曇り。前週のジャパンカップ同様に台風が迫る中での大会となったが、幸いにも雨が落ちてくる事は無かった。しかし気温は10℃前後の寒さの中でのレースとなった。

P1 佐野淳哉が優勝

スタート直後、ゆっくりと進む集団スタート直後、ゆっくりと進む集団 photo:Satoru Kato
3周目 8人の先頭集団が形成される3周目 8人の先頭集団が形成される photo:Satoru Kato5周目 メカトラで遅れた岡篤志(宇都宮ブリッツェン)と共に先頭集団を追う5人5周目 メカトラで遅れた岡篤志(宇都宮ブリッツェン)と共に先頭集団を追う5人 photo:Satoru Kato


P1クラスタは22周132km。1周目に集団が分断され、30人ほどが先行する。その中から7人が飛び出し、4周目までに2人が合流して9人の先頭集団が形成される。メンバーは、岡篤志、阿部嵩之(以上宇都宮ブリッツェン)、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)、湊諒(シマノレーシング)、柴田雅之(那須ブラーゼン)、中西健児(キナンサイクリングチーム)、筧五郎(イナーメ信濃山形)、トム・ボシス(東京ヴェントス)、安原大貴(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム)。メイン集団との差は一時3分30秒以上に開く。

5周目、中田拓也(インタープロサイクリングアカデミー)、岸崇人(那須ブラーゼン)、若杉圭祐(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム)、木村圭佑(シマノレーシング)、横塚浩平(LEOMOベルマーレ)の5人が追走集団を形成。メカトラで遅れた岡と共に先頭集団に合流する。

4周目 安原大貴(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム)と阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が追走4周目 安原大貴(シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム)と阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)が追走 photo:Satoru Katoハビエル・サラダ・ペレス(エルドラード東北)を先頭に進む先頭集団ハビエル・サラダ・ペレス(エルドラード東北)を先頭に進む先頭集団 photo:Satoru Kato


先頭集団との差を1分以内に詰めたメイン集団からは、ハビエル・サラダ・ペレス(エルドラード東北)や秋田拓磨(シマノレーシング)らもブリッジをかけて合流。先頭集団は12周目までに14人に。

さらに14周目、横山航太(シマノレーシング)と山本元喜(キナンサイクリングチーム)の2人が新たに先頭集団に合流して16人。メイン集団との差は2分前後で推移しつつ、レースは終盤へ。

残り2周 木村圭祐(シマノレーシング)がアタックし、中西健児(キナンサイクリングチーム)がチェックに入る残り2周 木村圭祐(シマノレーシング)がアタックし、中西健児(キナンサイクリングチーム)がチェックに入る photo:Satoru Kato残り2周 心臓破りを先頭で行く横山航太(シマノレーシング)残り2周 心臓破りを先頭で行く横山航太(シマノレーシング) photo:Satoru Kato

佐野淳哉(マトリックスパワータグ)がアタックして最終周回へ佐野淳哉(マトリックスパワータグ)がアタックして最終周回へ photo:Satoru Kato最終周回 先行する3人に木村圭祐(シマノレーシング)が追いつく最終周回 先行する3人に木村圭祐(シマノレーシング)が追いつく photo:Satoru Kato


残り3周、4人揃えるシマノレーシングが波状攻撃をしかける。木村のアタックが潰されると、心臓破りの坂で横山がアタック。これも潰されると湊がカウンターでしかけて残り2周に突入。山本や佐野、岡が応戦するがどれも決定打とならない。

最終周回に入るところで佐野がアタック。これについて行けたのは横山、山本、岡。その直後、岡が落車で遅れ、代わって木村が追いついて4人が先行する。メイン集団は再び1分以内まで差を詰めるが吸収するまでには至らず。勝負は4人に絞られた。

心臓破り前のアップダウン区間で横山がアタックするも、佐野を先頭に追走して吸収。そして心臓破りに差し掛かったところで再び佐野がアタック。しかしこれも勝負を決めるアタックにはならず、残り100mのスプリントへ。

スプリント勝負を制して優勝した佐野淳哉(マトリックスパワータグ)スプリント勝負を制して優勝した佐野淳哉(マトリックスパワータグ) photo:Masafumi KASAI
山本、木村、佐野の順でホームストレートに現れた3人。最後尾からスプリントに入った佐野が、残り50mを切ったところで山本、木村をかわしてゴール。タイムトライアルチャンピオンシップに続く今季2勝目を挙げた。マトリックスパワータグは団体総合でも優勝して経済産業大臣旗を獲り、最終戦を完全勝利で終えた。

「シマノが4人揃えて攻撃的な走りをしてきたので、彼等に合わせて行ったら自分の身が持たない事はわかっていました。なので、なるべく自分の脚の使いどころを見極めて、勝負所にかける事だけを考えていました」と、今日の戦略を語る佐野。結果として1人で勝ってしまった感もあるが、「今日はたまたま展開に恵まれただけですね。寒いのにも強いし、運があったのだと思います」と謙遜する。

P1クラスタ 表彰式P1クラスタ 表彰式 photo:Satoru Kato経済産業大臣旗を掲げて見せる土井雪広(マトリックスパワータグ)経済産業大臣旗を掲げて見せる土井雪広(マトリックスパワータグ) photo:Satoru Kato


一方、最終周回まで攻撃したシマノレーシング。U23の全日本チャンピオンジャージで臨んだ横山は「このジャージを着てレースを走れるのは多分このレースが最後になるので、個人的に気合が入ってました。先頭集団に4人いたのはシマノだけだったので、逃げ切りが濃厚になった終盤に代わる代わる攻撃をしかけていきました。最終周回に自分からしかけて佐野選手、岡選手、山本選手が残り、後から木村選手がブリッジをかけて追いついてきてくれたので攻撃するしかないと思い、再度行きましたが力が足りませんでした。

チームとして良いレースは出来たと思いますが、佐野選手に力負けして輪翔旗を取れなかったのは悔しいです。今の調子は悪くないので、ツール・ド・おきなわで頑張りたいと思います」と、語った。

3位の山本は「チームメイトの中西が強い選手の逃げを潰してくれたので、自分は最後の勝負に向けて脚をためる事ができましたが、ラスト2周と1周で登りで仕掛けましたが佐野さんに踏み負けてしまいました。そこで独走に持ち込みたかったのですが、振り切れませんでした。苦手なスプリント勝負とは言え、勝ち切れなかったのは申し訳ない気持ちでいっぱいです」と、反省を交えて語った。

ルビーレッドジャージはホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)、ピュアホワイトジャージは雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)ルビーレッドジャージはホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)、ピュアホワイトジャージは雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Katoチーム総合優勝を決めたマトリックスパワータグチーム総合優勝を決めたマトリックスパワータグ photo:Satoru Kato


Jプロツアーは2017年シーズンの全戦が終了した。個人総合優勝は、昨年に続きホセ・ビセンテ(マトリックスパワータグ)が決めた。

「率直に嬉しいよ。総合優勝は今回で4回目。みんな簡単に勝ってるように思うかもしれないけれど、シーズンを通してトップコンディションを維持するのは大変だし、簡単な事じゃない。チームもハードワークをこなしてきたからこそ勝てたと思う。今年は好調を維持出来たので、ツアー・オブ・ジャパンやツール・ド・熊野でも良い結果を出す事が出来た。その上ルビーレッドジャージも取る事が出来て最高だね。来年も取れるかわからないけれど、可能ならもう1回総合優勝したいと思っているよ」と、今シーズンの感想を語ってくれた。

F 谷江史帆が優勝

F 終盤に残った4人F 終盤に残った4人 photo:Satoru KatoF 谷江史帆(バルバレーシングクラブ)が優勝F 谷江史帆(バルバレーシングクラブ)が優勝 photo:Satoru Kato

F表彰式F表彰式 photo:Satoru Kato女子のFクラスタは6周36km。
3周目までに、合田祐美子(BH BIORACER)、樫木祥子(AVENURA AIKOH VICTORIA RACING)、新川明子(ブラウ・ブリッツェン)、谷江史帆(バルバレーシングクラブ)、棟近陽子(EURO-WORKS Racing)の5人が残る。合田と樫木が登りごとにペースアップを図り、棟近が遅れるが、新川と谷江が残る。最後は4人のスプリント勝負となり、谷江が先着して優勝した。




経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ 結果
結果 P1クラスタ 132km
1位佐野淳哉(マトリックスパワータグ)3時間22分29秒
2位木村圭祐(シマノレーシング)+0秒
3位山本元喜(キナンサイクリングチーム)
4位横山航太(シマノレーシング) +10秒
5位吉田隼人(マトリックスパワータグ)+15秒
6位吉岡直哉(那須ブラーゼン)+16秒
団体成績
1位マトリックスパワータグ565p
2位シマノレーシング550p
3位キナンサイクリングチーム365p 
Fクラスタ36km
1位谷江史帆(バルバレーシングクラブ)1時間4分11秒
2位樫木祥子(AVENURA AIKOH VICTORIA RACING)+0秒
3位合田祐美子(BH BIORACER)+0秒
E1クラスタ42km
1位八幡光哉(FORCE)1時間2分33秒
2位利田卓也(Y's Road)+0秒
3位森栄晃彦(パラディアムTOKYO)
4位赤萩秀弥(弱虫ペダルサイクリングチーム)
5位永吉篤弥(DESTRA)
6位中川直樹(SPADE・ACE)
E2(36km)
1位塩沢 魁(インパルス)55分38秒
2位松尾修作(Roppongi Express)+0秒
3位川久保大海(彩北ツブラーゼ)
4位石井晋也(EURO‐WORKS Racing)
5位奥秋 篤(コムリン)
6位菊川実紀(Roppongi Express)
E3(30km)
1位篠田淳史(インパルス)47分1秒
2位平井光介(TEAM YOU CAN)+0秒
3位古谷勇輝(パナソニックレーシング)
4位安田大希(EXTENDED VAX SAYAMA)
5位佐藤弘章(チーム アベノバ)
6位豊崎正裕(DESTRA)
photo:Masafumi KASAI,Satoru Kato
text:Satoru Kato