先週日曜日に開催されたDVVフェルゼクリンゲン・トロフェー第1戦で、終盤のアタック合戦から隙を突いたラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)が独走勝利。マテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)の連勝記録がストップした。



担ぎ区間を越えていく先頭グループ。コース脇には大観衆が詰めかけた担ぎ区間を越えていく先頭グループ。コース脇には大観衆が詰めかけた
BpostBankトロフェーから名前を変え、昨シーズンから「DVVフェルゼクリンゲン・トロフェー」として開催されている本シリーズ。初開催は1987-1988シーズンとUCIワールドカップよりも歴史は古く、スーパープレスティージュと合わせて三大シリーズの一角を成す重要なレースだ。

8戦の総合タイムでシリーズ総合成績を決める独自のランキングを用いており、メインスポンサーのDVVフェルゼクリンゲン社はベルギーの損害保険会社。春のクラシックレースでお馴染み、ヘットニュースブラッド紙がサブスポンサーに就いている。

スタート直後から積極的に先頭に出たラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)スタート直後から積極的に先頭に出たラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア) 登坂区間でアタックするマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)登坂区間でアタックするマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)

再三にわたるアタックを仕掛けたワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)再三にわたるアタックを仕掛けたワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)
ダイナミックなコースレイアウトが特徴的な開幕戦ロンセは、徐々に調子を上げつつあるラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)の好ダッシュで幕開ける。絶好調マテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)と世界王者のワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)はやや後ろから駒を進めていった。

常に5〜8名程度が互いに見合いながら先頭グループを形成し、マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス)のアタックは不発に終わる。続いてファンアールトが舗装の直登区間で踏み込むとファンデルポールのみが追従。このまま二人が抜け出すかと思いきや、やや時間を置いてヨーロッパ王者のトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)が、そしてファンデルハールやファントーレンハウトも追いつき、レースは再び振り出しに戻った。

「今日はすごく調子が良くて、舗装路の登りでは自分が一番力があったし、追い込めていた」と振り返る世界王者が畳み掛けるように攻撃を仕掛け、ファンデルポールとファンデルハールが反応して先頭は3名。続いたファンデルポールのアタックは封じられ、残り2周回突入と同時に今度はファンデルハールが仕掛けた。

残り2周回からラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)が独走に持ち込んだ残り2周回からラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)が独走に持ち込んだ
いぶし銀の走りで4位に入ったケヴィン・パウエルス(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス)いぶし銀の走りで4位に入ったケヴィン・パウエルス(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス) 移籍してから精彩を欠いているトム・メーウセン(ベルギー、ベオバンク・コレンドン)移籍してから精彩を欠いているトム・メーウセン(ベルギー、ベオバンク・コレンドン)


牽制しあう二人を尻目に大きなリードを得たファンデルハールは、ミスをリカバリーしながら先を急いだ。追走に回った二人は後続選手の合流を許すほどペースを上げることができず、そのままファンデルハールが2周回を逃げ切って独走勝利を飾った。

牽制を利用して、今シーズン初めてオランダ王者の連続勝利記録を止めたファンデルハール。「まさかこんな展開になるとは思っていなかった。確かに調子は良かったけれど、改めてレースは何が起こるか分からないと感じている。大きなリードを得て”勝利に手が届きそう”と感じて痙攣も構わず踏み続けたよ」とレース後のインタビューで驚きと喜びをコメントしている。

独走でフィニッシュするラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)独走でフィニッシュするラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア) 2位争いのスプリントはマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)が先着2位争いのスプリントはマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)が先着

DVVフェルゼクリンゲン・トロフェー2017-2018第1戦表彰台DVVフェルゼクリンゲン・トロフェー2017-2018第1戦表彰台
連勝記録が止まったファンデルポールは「ワウトを観察しすぎて手遅れになってしまった。でも僕らは度重なるアタック合戦で消耗していたのも事実。これまでの絶好調さが消えたこともあって難しいレースだった」と敗因を語っている。

「ラースがアタックした時、飛びつく脚が無いわけではなかった。でも追走する責任があったのはここまで全戦全勝しているマテューにあって、自分が追えば彼のアシストをするだけ。ラースの勝利を見ているだけになったけれど、自分の調子は徐々に上がってきている。この先に勝利が待っているはずだ」と3位に終わったファンアールトはコメントした。
DVVフェルゼクリンゲン・トロフェー2017-2018第1戦
1位ラース・ファンデルハール(オランダ、テレネット・フィデア)58’55”
2位マテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)+20”
3位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)+21”
4位ケヴィン・パウエルス(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス)+22”
5位トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)+24”
6位マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス)+47”
7位イェンス・アダムス(ベルギー、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)+1’01”
8位ディエテル・スウィーク(ベルギー、エラリアルエステート・サーカス)+1’23”
9位ローレンス・スウィーク(ベルギー、エラリアルエステート・サーカス)+1’31”
10位コルヌ・ファンケッセル(オランダ、テレネット・フィデア)+1’38”
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 VIVA(ビバ) リムセメントクリーナー 100cc
メーカー: VIVA(ビバ)
部品番号: リムセメントクリーナー
価格: ¥ 972
の画像 ティムコ(TIEMCO) MCNETT アクアシール 3/4 OZ
メーカー: ティムコ(TIEMCO)
部品番号: 075180101001
価格: ¥ 1,512