最高のロケーションで行われた初開催の秋吉台カルストロードは、終始レースをリードしたマトリックスパワータグ勢が終盤に集結。アイラン・フェルナンデスが3年ぶりの勝利を故・和田力選手に捧げた。



山口国体以来の秋吉台カルストロード

Jプロツアーでは初となる山口県下でのロードレースが、9月16日(土)に美祢市の秋吉台カルストロードで行われた。大会は山口県が全面的に推すオール山口ライドフェスタ2017の一環として行われ、地元美祢市の支援のもと、2011年の山口国体で使用されて以来6年ぶりに景勝地である観光道路での開催が実現された。

3周目往路、Jプロツアー第15戦は最高のロケーションを誇る秋吉台が舞台3周目往路、Jプロツアー第15戦は最高のロケーションを誇る秋吉台が舞台 photo:Hideaki TAKAGI

秋吉台カルストロードは特別天然記念物の秋芳洞横を通り、国定公園の秋吉台を貫く絶景が広がるゆるやかな起伏のある道路だ。コースはその秋吉台を南北に通る道を往復し、その両端には上りと下りがある。特に南端の秋芳洞からスタート/フィニッシュラインにかけては劇坂が1km以上続き、ここで集団が分断される厳しいもの。

大会当日は接近する台風の影響で翌17日の第2回維新やまぐちクリテリウムが中止となり、当日も雨天と帰路の交通機関への配慮のため5周が4周に減らされ1周29.5km計118.0kmのレースになった。レース中を通じ台風が近づくものの小雨程度で風も弱く、そして雲がかからず絶景が広がる中でレースは開催された。

Fクラスタ 秋吉台カルストロードを行くFクラスタ 秋吉台カルストロードを行く photo:Hideaki TAKAGIEクラスタ 秋吉台カルストロードを行く。先頭は優勝した宇賀隆貴(フィッツ)Eクラスタ 秋吉台カルストロードを行く。先頭は優勝した宇賀隆貴(フィッツ) photo:Hideaki TAKAGI

序盤から佐野淳哉の攻撃が続く

Pクラスタは12時スタート、カルストロードに入ってからの最初のアタックは山本雅道(シエルヴォ奈良ミヤタメリダ)だ。このあと序盤から佐野淳哉(マトリックスパワータグ)が攻撃する展開が続く。追うのは馬渡伸弥(宇都宮ブリッツェン)で田窪賢次(マトリックスパワータグ)がこれに続く。いったんは吸収されるがこれらの動きで集団は絞られる。

2周目に入っても佐野の攻撃は続き先頭は15人ほどにまで数を減らす。ルビーレッドジャージのホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)は約2分差の第2集団にいる。2周目後半の劇坂区間でホセ・ビセンテが抜け出して約半周で先頭集団に合流を果たし3周目で13人の先頭集団が完成。マトリックスパワータグ4人、宇都宮ブリッツェン2人などの構成だ。

Mine秋吉台ジオパークセンターKarstarの会場からスタートMine秋吉台ジオパークセンターKarstarの会場からスタート photo:Hideaki TAKAGI2周目復路、4人が抜け出す2周目復路、4人が抜け出す photo:Hideaki TAKAGI

終盤にマトリックス3人が集結

3周目後半には佐野のアタックで6人の先頭集団が形成。メンバーは佐野、ホセ・ビセンテ、アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、馬渡、白川幸希(ヴィクトワール広島)、西尾勇人(那須ブラーゼン)だ。さらに最終周回の4周目に入ると佐野がアタック、
これにフェルナンデスが追いつき、さらにホセ・ビセンテが追いついてマトリックスメンバー3人の先頭集団ができる。

馬渡は粘りこれを追走するがタイム差はやがて拡大し、マトリックス3人が協調して劇坂区間を上りフィニッシュエリアに現れる。3人はフェルナンデスを挟んで横に並びワンツースリー達成。フェルナンデスは3年前の輪島大会以来の勝利を、2年半前に亡くなった和田力選手に捧げた。

3周目復路、6人の先頭集団3周目復路、6人の先頭集団 photo:Hideaki TAKAGI4周目復路、マトリックスパワータグの3人が逃げ続ける4周目復路、マトリックスパワータグの3人が逃げ続ける photo:Hideaki TAKAGI

アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)先頭にワン・ツー・スリー達成アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)先頭にワン・ツー・スリー達成 photo:Hideaki TAKAGIアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、故・和田力選手に捧げる勝利アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、故・和田力選手に捧げる勝利 photo:Hideaki TAKAGI

レースでは佐野の力強さが際立った。2週間前のタイムトライアルで優勝しツール・ド・北海道でも強力な走力を見せたばかり。ホセ・ビセンテが2周目から3周目に見せた単独でのジャンプアップは驚異的。「和田のために勝ちたい」と以前から言っていたフェルナンデスは他者を連れず単独でのアタックで合流した。レースはスタートからフィニッシュそしてチーム賞が設定された表彰式までマトリックスパワータグの独壇場となった。

Fクラスタ 近藤由美(VC Fukuoka)が劇坂を制し優勝Fクラスタ 近藤由美(VC Fukuoka)が劇坂を制し優勝 photo:Hideaki TAKAGIEクラスタ 宇賀隆貴(フィッツ)が優勝Eクラスタ 宇賀隆貴(フィッツ)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI

チーム賞はマトリックスパワータグにチーム賞はマトリックスパワータグに photo:Hideaki TAKAGI白川幸希(VICTOIRE広島)が5位に入るなど大活躍のVICTOIRE広島白川幸希(VICTOIRE広島)が5位に入るなど大活躍のVICTOIRE広島 photo:Hideaki TAKAGI

P1クラスタ 128.0km
1位アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)3時間04分57秒
2位佐野淳哉(マトリックスパワータグ)
3位ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
4位馬渡伸弥(宇都宮ブリッツェン)+57秒
5位白川幸希(ヴィクトワール広島)+1分02秒
6位飯野智行(宇都宮ブリッツェン)+1分53秒
7位横塚浩平(リオモベルマーレレーシングチーム)+2分10秒
8位吉岡直哉(那須ブラーゼン)+2分20秒
9位米谷隆志(リオモベルマーレレーシングチーム)+2分22秒
10位松島拓人(なるしまフレンドレーシングチーム)+2分34秒
チーム優勝 マトリックスパワータグ
Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 大前翔(東京ヴェントス)
Fクラスタ 29.5km
1位近藤由美(VC Fukuoka)55分23秒
2位久木野衣美(TEAM YOU CAN)+15秒
3位根岸恵美(チーム岡山)
Eクラスタ 59.0km
1位宇賀隆貴(フィッツ)1時間33分47秒
2位山科竜一郎(VC AVANZARE)+02秒
3位森下遼太(VC Fukuoka)
4位中森大樹(VC Fukuoka)+08秒
5位野間貴裕(VC AVANZARE)
6位雑賀大輔(湾岸サイクリング・ユナイテッド)+09秒
チーム優勝 VC Fukuoka
Jエリートツアーリーダー 岩崎晶雲(グランペールサイクリングチーム)

photo&text:高木秀彰