ツール・ド・北海道の第1ステージが、函館市から北斗市までの162kmで行われ、スプリント勝負を制したブリヂストンアンカーの鈴木龍が優勝。日本大学の草場啓吾が山岳賞を獲得する健闘を見せた。


開会式に勢ぞろいした今年の出場チーム開会式に勢ぞろいした今年の出場チーム photo:Satoru Kato昨年個人総合優勝の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)から、優勝トロフィーが返還される昨年個人総合優勝の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)から、優勝トロフィーが返還される photo:Satoru Kato

31回目となるツール・ド・北海道が開幕。道南の函館市周辺を舞台とした3日間424kmのステージレースがスタートした。

初日の第1ステージは、函館市中心部にある函館競輪場をスタート。函館湾に沿って海岸を南下し、内陸に入って日本海側の江差町に出た後、再び内陸に入って北斗市にゴールする162km。全般的に平坦基調だが、コース終盤には3級山岳が2回設定される。

前日までの天気予報では雨の可能性もあったものの、朝から青空が広がった函館市周辺。ゴールの北斗市の気温は25.9℃まで上がり、8月中旬並みの暑い1日となった。

85km地点、日本海側を北上するメイン集団85km地点、日本海側を北上するメイン集団 photo:Hideaki TAKAGI
63km地点、逃げを率いるのは阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)63km地点、逃げを率いるのは阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) photo:Hideaki TAKAGI83km地点、逃げ続ける6人83km地点、逃げ続ける6人 photo:Hideaki TAKAGI

函館市内をパレードしたのちリアルスタートが切られると、アタック合戦から6人の逃げが形成される。メンバーは、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、岸崇仁(那須ブラーゼン)、中田拓也(インタープロサイクリングアカデミー)、冨尾大地(鹿屋体育大学)、草場啓吾(日本大学)、今村駿介(中央大学)。

メイン集団では各チーム1人ずつ牽引役を出して追走するが、タイム差は最大7分50秒まで開く。

1つ目のKOMは草場啓吾(日本大学)が取る1つ目のKOMは草場啓吾(日本大学)が取る photo:Hideaki TAKAGI130km地点、メイン集団を強力にけん引するブリヂストンアンカー勢130km地点、メイン集団を強力にけん引するブリヂストンアンカー勢 photo:Hideaki TAKAGI

スタートから100kmを過ぎると、ブリヂストンアンカーが集団を牽引して追走。タイム差が徐々に詰まり始める。逃げ集団では、最初の3級山岳までに中田と今村が遅れ、2つ目の3級山岳で岸が遅れて3人となる。メイン集団では2つ目の山岳の登りからNIPPOヴィーニファンティーニが集団を牽引し、タイム差は1分未満に。そして残り8km付近で逃げは全て吸収される。

ラスト8km、逃げていた3人に集団が追いつくラスト8km、逃げていた3人に集団が追いつく photo:Hideaki TAKAGIラスト6km、集団はNIPPOがハイペースで引くラスト6km、集団はNIPPOがハイペースで引く photo:Hideaki TAKAGI

3人のハンドルの投げ合い。鈴木龍(ブリヂストンアンカー:写真右)が、横を見る3人のハンドルの投げ合い。鈴木龍(ブリヂストンアンカー:写真右)が、横を見る photo:Satoru Kato
残り5kmを過ぎると、各チームはスプリンターでの勝負態勢を整え始める。ロングスパートをかける選手もいたが決定打にはならず、残り300mへ。

「埋もれるくらいならと思って先がけした」と言う岡本隼(愛三工業レーシングチーム)が集団の先頭。その番手につけていたピエールパオロ・デネグリ(NIPPOヴィーニファンティーニ)、さらにその後ろにつけていた鈴木龍(ブリヂストンアンカー)が、岡本の両サイドからまくりにかかる。3人横一線でハンドルの投げ合いとなった勝負は、「ゴールした瞬間に横を見て、勝ったと思った」と言う鈴木が優勝した。

北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」に祝福される鈴木龍(ブリヂストンアンカー)北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」に祝福される鈴木龍(ブリヂストンアンカー) photo:Satoru Kato第1ステージ表彰 上位3名第1ステージ表彰 上位3名 photo:Satoru Kato

「今日はスプリントになったら自分で勝負する作戦でした。タイム差が開いた逃げを吸収するためにチームはハードワークをこなしてくれ、最後は西薗(良太)さんが前を引いてくれたおかげで勝てました。最後の登りで人数が絞られたので、僕の得意とする展開になった事も良かったです」と、今日の勝因を話す鈴木。

「明日からリーダージャージを着ますが、チームメイトの力を借りて、着続けられるようにしたいです。西薗さんも先頭集団でゴールしているので、チームとして総合優勝出来るようにしていきたいです」と、語った。

リーダージャージを着た鈴木龍(ブリヂストンアンカー)リーダージャージを着た鈴木龍(ブリヂストンアンカー) photo:Satoru Kato山岳賞は、この日が誕生日の草場啓吾(日本大学)山岳賞は、この日が誕生日の草場啓吾(日本大学) photo:Satoru Kato

一方、序盤からの逃げに乗った日本大学の草場が、途中2回の山岳賞を先頭通過して山岳賞ジャージを獲得。逃げが吸収された後も先頭集団でゴールし、ホットスポットのボーナスタイムと合わせて総合4位につける健闘を見せた。この日が誕生日の草場は、自ら花を添えた。

「今日は逃げに乗って目立ちたかったので、アタック合戦に参加しました。一度緩んだ時にブリッツェンの阿部選手がカウンターで行ったので喰らいついて行ったら、鹿屋の冨尾選手も来て3人になり、差が開いて逃げが決まりました。冨尾選手にはインカレで負けているので、山岳賞は譲らないつもりで勝負して行きました」と、レースを振り返る。

明日第2ステージでは4級山岳が2回あるが、どちらか1つを取れば山岳賞が確定する。「そう出来るように頑張ります」と、沢田は意欲を見せた。

なお、昨年大会で総合優勝し、先日のJBCFタイムトライアルチャンピオンシップでレースに復帰した増田成幸が、2つ目の3級山岳からの下りで落車。残念ながらリタイアしている。
ツール・ド・北海道2017 第1ステージ結果(函館市ー北斗市:162km)
1位鈴木 龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)3時間36分3秒
2位ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)+ 0秒
3位岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)
4位ジャコーモ・ベルラート(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)
5位エゴイツ・フェルナンデス(スペイン、チーム右京)
6位鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン)
7位マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム)
8位サルヴァドール・グアルディオラ(スペイン、チーム右京)
9位ドリュー・モレイ(オーストラリア、トレンガヌサイクリングチーム)
10位トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム)
個人総合時間賞(第1ステージ終了時)
1位鈴木 龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)3時間35分53秒
2位ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)+4秒
3位岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)+6秒
4位草場啓吾(日本大学)+7秒
5位ジャコーモ・ベルラート(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)+10秒
6位エゴイツ・フェルナンデス(スペイン、チーム右京)
7位鈴木 譲(宇都宮ブリッツェン)
8位マルコス・ガルシア(スペイン、キナンサイクリングチーム)
9位サルヴァドール・グアルディオラ(スペイン、チーム右京)
10位ドリュー・モレイ(オーストラリア、トレンガヌサイクリングチーム)
個人総合ポイント賞(第1ステージ終了時)
1位鈴木 龍(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)25p
2位ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ)20p
3位岡本 隼(愛三工業レーシングチーム)16p
個人総合山岳賞(第1ステージ終了時)
1位草場啓吾(日本大学)10p
2位冨尾大地(鹿屋体育大学)6p
3位阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)2p
チーム総合成績(第1ステージ終了時)
1位NIPPOヴィーニファンティーニ10時間48分9秒
2位キナンサイクリングチーム+34秒
3位チーム右京
チーム総合U26順位(第1ステージ終了時)
1位鹿屋体育大学10時間56分33秒
2位京都産業大学+42秒
3位セントジョージコンチネンタルサイクリングチーム+2分19秒
Photo:Hideaki TAKAGI,Satoru Kato
text:Satoru Kato