8月30日〜9月3日にかけてドイツで開催された世界最大の自転車ショー「ユーロバイク」。次期新製品が明らかになると同時にバイク界の潮流がつかめる展示会でホットなニューモデルを探した。まずは今年のトレンドを見てゆこう。



ヨーロッパは依然としてMTBの人気が高いヨーロッパは依然としてMTBの人気が高い photo:Makoto.AYANO
ユーロバイクの会場となるフリードリヒスハーフェンのメッセユーロバイクの会場となるフリードリヒスハーフェンのメッセ photo:Makoto.AYANOカーゴバイクなど生活自転車のブースもアイデアに溢れ活況だカーゴバイクなど生活自転車のブースもアイデアに溢れ活況だ photo:Makoto.AYANO


ドイツはコンスタンツ湖畔の街フリードリヒスハーフェンのメッセで開催されたユーロバイクショーは今年で26回めの開催となる。ユーロバイクとは世界各国の自転車関連メーカーが集結する世界最大の商業見本市であり、今年は101カ国から1,400もの参加ブランドが集い、ブースにて展示を展開した。

ユーロバイクは世界の主たるバイクブランドはもとより、パーツやアパレル、OEMに関係する企業までが一同に集うビジネスショーである。会期は3日間のビジネスショーと1日のユーザーショーに分けて開催される。まず数字データにて規模感をお伝えすると、来場者数は輪界関係者のためのビジネスデー3日間で42,590人 (2016年は42,720人) 、そして一般入場が可能なフェスティバルデーで22,160人(昨年は2日で34,400人)となった。期間中は珍しく雨が続いたため来場者数に微減はあるが、その活況ぶりは昨年とほぼ変わらない数字と言えるだろう。

■E-Bikeのますますの盛り上がり

Eバイク先進国スイスのBMCのE-MTB フルサス仕様だEバイク先進国スイスのBMCのE-MTB フルサス仕様だ photo:Makoto.AYANO
ショー全体を通して見れば今年のトレンドをうかがい知ることができる。取材にあたった記者として印象に残った今年の流行や傾向をいくつか紹介しよう。

昨年のショーでも目立った電動アシスト自転車「E-Bike」の人気に今年はさらに拍車がかかった。ヨーロッパにおいてE-Bikeは急速に市民権を得ており、マーケットは活況。それがこのショーでも如実に現れた。

ロッキーマウンテンのブースにあったE-MTBはスマートな仕上がりでユーロバイクアワードを受賞していたロッキーマウンテンのブースにあったE-MTBはスマートな仕上がりでユーロバイクアワードを受賞していた photo:Makoto.AYANOメリダのE-MTBラインナップはますます充実するメリダのE-MTBラインナップはますます充実する photo:Makoto.AYANO


各ブランドから発表されるE-Bike車種も年々洗練されており、MTBやシティサイクルといったスポーツタイプのバイクのスマートさを競い合うようになっている。またモーターや電池など関連パーツのメーカーによるブース数も拡大し、ユーロバイク全体的にはもはやE-Bikeおよび生活自転車ショーの傾向が非常に強くなってきた。シマノも電動ユニット「ステップス」を展示し、存在感を示した。

E-Bikeのユニットで大きなシェアを占めるボッシュのブースは常に活況だE-Bikeのユニットで大きなシェアを占めるボッシュのブースは常に活況だ photo:Makoto.AYANOコンチネンタルのブースでは独自のEユニットも発表されたコンチネンタルのブースでは独自のEユニットも発表された photo:Makoto.AYANO

シマノのブースで展示されたE-MTBシマノのブースで展示されたE-MTB photo:Makoto.AYANOシマノのEユニット「ステップス」は今後どれだけシェアをとれるか?シマノのEユニット「ステップス」は今後どれだけシェアをとれるか? photo:Makoto.AYANO


E-Bikeについて記事内で主なものを紹介するが、今まで主役だった(人力の)スポーツバイク関連の展示が減っていることは否めない。スポーツバイクの展示が減ったのは大手ブランドの出展の減少だ。トレック、スペシャライズドは以前から、今年から出展を見合わせたキャノンデール、ジャイアント、フォーカスなど大手バイクブランドは今や新製品発表会を各国において独自のプレゼンテーションとして展開するようになっており、このユーロバイクはもはやその発表の場という役割を終えようとしているように見える。

スコットはPREMIUMラインのE-MTBを発表。超ハイエンドのEバイクだスコットはPREMIUMラインのE-MTBを発表。超ハイエンドのEバイクだ photo:Makoto.AYANO
SRAMのブースにあったスマートなEユニットSRAMのブースにあったスマートなEユニット photo:Makoto.AYANOコミューター的な生活バイクへの注目度は増すばかりだコミューター的な生活バイクへの注目度は増すばかりだ photo:Makoto.AYANO


かつては「ユーロバイクを見ればバイクトレンドが分かる」と言われたが、どうやらそうではなくなってきている。なぜなら専門性の高いスポーツバイクブランドほど、それぞれの製品を取り扱う各国ディストリビューターやユーザーなどに直接接することができる各国開催でのネイティブなプレゼンの方法を重視するようになっているからだ。だからユーロバイクを見て「ロードやMTB、スポーツバイク全般に元気が無い」と取るのは誤りと言えるだろう。ロードバイクもディスクロードもグラベルバイクも進化し、バイクパッキングの流行も続いている。

会場のあちこちにバイクパッキング装備のバイクがディスプレイされた会場のあちこちにバイクパッキング装備のバイクがディスプレイされた photo:Makoto.AYANOZIPPはグラベル対応の幅広リムのカーボンホイールを発表ZIPPはグラベル対応の幅広リムのカーボンホイールを発表 photo:Makoto.AYANO


電動でないスポーツバイクに元気がないかと言えばそんなことはなく、ショー全体を通してつぶさに見ていけば面白いプロダクツをたくさん見つけることができる。このレポート続編ではそちらにスポットを当てていきたい。

■スマートになるスポーツE-bike

電池やモーターを積んだE-bikeはどうしても大きく野暮ったくなるものだが、モーターと電池の小型化とともにフレームへのビルドインを工夫してスリムなルックスとして仕上げたバイクがたくさん登場した。ドイツのフォーカスはブース出展は無かったものの一見してスマートなロードバイクE-Projectでユーロバイクアワードを受賞。軽快に走れそうなスタイリングで高評価を得た。

ユーロバイクアワードを受賞したフォーカスのE-Projectロードバイクユーロバイクアワードを受賞したフォーカスのE-Projectロードバイク photo:Makoto.AYANO
フレームに内蔵されたパワーユニットはスマートかつ高度にデザインされているフレームに内蔵されたパワーユニットはスマートかつ高度にデザインされている photo:Makoto.AYANOスマートな電動ユニットとフレームに内蔵されたバッテリー部スマートな電動ユニットとフレームに内蔵されたバッテリー部 photo:Makoto.AYANO


■ビアンキがフェラーリとのコラボバイクを発表

ビアンキとフェラーリのコラボによるスクーデリア・フェラーリ・ビアンキビアンキとフェラーリのコラボによるスクーデリア・フェラーリ・ビアンキ photo:Makoto.AYANO
ともにイタリアンメーカーであるフェラーリとビアンキがタッグを組み、コラボバイクを発表した。ビアンキのブースで行われたプレゼンでは、軽量モデルのスペシャリッシマをベースにしたモデルが、赤ベースのものと黒ベースのものの2台のロードバイクがお披露目された。フレームには「スクーデリア・フェラーリ」のロゴと跳ね馬のエンブレム、赤はカンパニョーロ、黒はシマノのコンポを採用し、サドルにはアスチュートが製作する特別サドル、ホイールは特別カラーのフルクラム、話題のピレリ製タイヤ、バーテープの素材などもフェラーリゆかりのマテリアルが奢られている。

ヘッドにはフェラーリの跳ね馬のエンブレムヘッドにはフェラーリの跳ね馬のエンブレム photo:Makoto.AYANO赤と黒のツートンカラーにスクーデリア・フェラーリのロゴが入る赤と黒のツートンカラーにスクーデリア・フェラーリのロゴが入る photo:Makoto.AYANO

アスチュートが製作したフェラーリモデルのサドルアスチュートが製作したフェラーリモデルのサドル photo:Makoto.AYANOシート周辺にもフェラーリの跳ね馬エンブレムがあしらわれるシート周辺にもフェラーリの跳ね馬エンブレムがあしらわれる photo:Makoto.AYANO


トライアスロンバイクのプロジェクトも、未完成のバイクとして展示されて期待を煽る。ロードモデルの詳細や日本での販売台数など今後の展開もまだ未発表で、ふたつのイタリアの雄ブランドのコラボのスタートを印象づけるプレゼンだった。かつてコルナゴとのパートナーシップで話題を呼び続けてきたフェラーリ。今回の突然のパートナー変更はどう受け止められるだろう?

トライアスロンバイクは半分が透明で、今後の開発を示唆していたトライアスロンバイクは半分が透明で、今後の開発を示唆していた photo:Makoto.AYANO
なおこのプロジェクトの今後に興味のある人にはこちらからニュースレター登録が可能だ。


各ブースのピックアップ

スコットFOIL Discもこのユーロバイクで発表されたスコットFOIL Discもこのユーロバイクで発表された photo:Makoto.AYANO
リドレーNOAH Discはこのユーロバイクがお披露目となったリドレーNOAH Discはこのユーロバイクがお披露目となった photo:Makoto.AYANO
ストークはフレーム&フォークで1kgの軽量ロードフレームセットを発表ストークはフレーム&フォークで1kgの軽量ロードフレームセットを発表 photo:Makoto.AYANO
ZIPPがホイールプレゼンに用いたダイアモンドバックのトライアスロンバイクは迫力満点ZIPPがホイールプレゼンに用いたダイアモンドバックのトライアスロンバイクは迫力満点 photo:Makoto.AYANO
ローターはCNC削り出しによるアーム一体型Qリングとクランクセットを発表ローターはCNC削り出しによるアーム一体型Qリングとクランクセットを発表 photo:Makoto.AYANOWahooは登坂状態を再現できるクリッカーという新システムを発表Wahooは登坂状態を再現できるクリッカーという新システムを発表 photo:Makoto.AYANO

バイシクルタイヤ界に復活したピレリはフォーミュラマシンを展示して速さをアピールバイシクルタイヤ界に復活したピレリはフォーミュラマシンを展示して速さをアピール photo:Makoto.AYANOオークリーがヘルメット界に進出。一気に3モデルを発表したオークリーがヘルメット界に進出。一気に3モデルを発表した photo:Makoto.AYANO

シマノはアルテグラDi2を発表。すでに製品版に近い仕上がりだシマノはアルテグラDi2を発表。すでに製品版に近い仕上がりだ photo:Makoto.AYANOシマノ・アルテグラのディスクブレーキキャリパーシマノ・アルテグラのディスクブレーキキャリパー photo:Makoto.AYANO

日本にほとんど知られていないKTMのブースの巨大なこと!日本にほとんど知られていないKTMのブースの巨大なこと! photo:Makoto.AYANO

次回からはそれぞれの出展ブースで見つけた注目のプロダクツをフォトレポート形式で紹介していく。

photo&text:Makoto.AYANO
フォトギャラリー 
Amazon.co.jp 
の画像 LEZYNE(レザイン) 【日本正規品 /2年間保証】MACRO DRIVE BLACK
メーカー: LEZYNE(レザイン)
部品番号: 1-LED-4-V404
価格:
の画像 LEZYNE(レザイン) MACRO DRIVE BLACK 1-LED-4-V304
メーカー: LEZYNE(レザイン)
部品番号: 1-LED-4-V304
価格: ¥ 9,072
の画像 LEZYNE(レザイン) 【日本正規品 /2年間保証】DIGITAL PRESSURE DRIVE BLK
メーカー: LEZYNE(レザイン)
部品番号: 1-MP-DPRDR-V1S04
価格: