1962年創業のイタリアンシューズブランド、ガエルネ。フラッグシップのCARBON G.STILO+にブラックボディをベースとし、BOAダイヤルとロゴ部分にチェレステカラーを配した特別カラーモデルが登場した。



ガエルネ CARBON G.STILO+チェレステガエルネ CARBON G.STILO+チェレステ (c)ポディウム
1962年にイタリアで創業したガエルネは、ハンドメイド生産を現代でも続ける高品質サイクリングシューズブランド。そのフラッグシップモデルであるCARBON G.STILO+は、ロット・ソウダルのアンドレ・グライペル(ドイツ)やトニー・ギャロパン(ドイツ)などのトップ選手が使用するガエルネのハイエンドロードシューズ。軽量で高剛性なGAERNE EPSライトフルカーボンソールに、優れたフィット感を提供するアッパー設計により快適性とパワー伝達性を高次元で両立しているレーシングモデルである。

アッパー部分は両側から均等に締め付けるよう設計されており、これを2つのBOA IP-1ダイヤルでフィッティングする構造を持つ。タンの部分は一体成型ではないものの、片側にマジックテープを配置することで、アッパー部分と固定。走行中でもずれることもなくストレスは少ない。

ヒール部分はカーボン製で頑丈なヒールカップを装備。更に内側にはグリップ力に優れた素材を配置することで優れたヒールホールド性能を獲得している。これにアッパーのフィット感が組み合わさることで、長時間の使用でも快適な履き心地を発揮する設計となっているのだ。

BOAダイヤルとGロゴにチェレステカラーが映える特別モデルだBOAダイヤルとGロゴにチェレステカラーが映える特別モデルだ (c)ポディウム
アウトソールには軽量かつ高剛性なGAERNE EPSライトフルカーボンソールを採用。プロレベルに対応する優れたパワー伝達性をもたらしつつ、ソール自体が非常に薄く出来ているため、足先とペダルとの距離が近くよりダイレクトな踏み心地を実現している。

また、通気性を確保するためにアッパーやタンの部分には随所にパンチング加工が施され、更にアウトソールにも2つのエアホールを設けることで足の蒸れを防いでくれる。

今回登場したのはブラックボディをベースに、BOAダイヤルと爪先部分の「G」ロゴをチェレステカラーで彩った特別モデル。鮮やかなチェレステがアクセントとなって浮かび上がる、そんなデザインとなっている。チェレステカラーのバイクユーザーには特にマッチする製品だろう。価格は通常ラインアップと同じく48,000円(税抜)だ。

2つのBOAダイヤルでフィッティングを行う。高剛性なGAERNE EPSライトフルカーボンソールを採用2つのBOAダイヤルでフィッティングを行う。高剛性なGAERNE EPSライトフルカーボンソールを採用 (c)ポディウム


ガエルネ CARBON G.STILO+ チェレステ
サイズ:25、25.5、26、26.5、27
価格:48,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 「靴職人と魔法のミシン」Blu-ray
メーカー: バップ
部品番号:
価格: ¥ 5,184
の画像 至高の靴職人: 関信義-手業とその継承に人生を捧げた男がいた
投稿者: 竹川 圭
出版社: 小学館 (2014)
装丁: 単行本, 190 ページ
の画像 靴理人 1 (芳文社コミックス)
投稿者: 尾々根正+大鳥居明楽
出版社: 芳文社 (2014)
装丁: コミック, 199 ページ