1級山岳クンブレ・デル・ソルで猛加速したマイヨロホのクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)が1年ぶりのステージ優勝。最初の休息日を前に、ボーナスタイムを得て総合リードを更に広げた。



風光明媚な海岸線を眼下に1級山岳クンブレ・デル・ソルを駆け上がる風光明媚な海岸線を眼下に1級山岳クンブレ・デル・ソルを駆け上がる photo:CorVos
ブエルタ・ア・エスパーニャ2017第9ステージブエルタ・ア・エスパーニャ2017第9ステージ image:Unipublicブエルタ・ア・エスパーニャ2017第9ステージブエルタ・ア・エスパーニャ2017第9ステージ image:Unipublic


ブエルタ・ア・エスパーニャの前半戦も大詰め。9日間に渡る長い第1周目を締めくくるのは、ビーチリゾートが連なるバレンシア州のレバンテ海岸を北上する174km。スタート後100km以上に渡って続く平坦路に向けて、この日はマルケル・イリサル(スペイン、トレック・セガフレード)、マルク・ソレール(スペイン、モビスター)、トビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン、エフデジ)ら10名が20km地点から逃げ始めた。

この日メイン集団のコントロールを担ったのは、マイヨロホのクリストファー・フルーム(イギリス)を従えたチームスカイではなく、来季のスポンサーが未だ決定せず、チーム存続の危機に瀕しているキャノンデール・ドラパックの面々。この日グリーンのアーガイルトレインはフルメンバーを揃えてステージ終盤まで先頭を譲らず、終始無言のアピールを続けた。

逃げた10名。タイム差は2〜3分程度で推移した逃げた10名。タイム差は2〜3分程度で推移した photo:CorVos落車でレースを降りたイェンス・デブシェール(ベルギー、ロット・ソウダル)落車でレースを降りたイェンス・デブシェール(ベルギー、ロット・ソウダル) photo:CorVos

チーム存続の危機に瀕するキャノンデール・ドラパックがメイン集団をコントロールチーム存続の危機に瀕するキャノンデール・ドラパックがメイン集団をコントロール photo:CorVos
序盤こそ風光明媚な沿岸風景が続いたが、残り50kmを切ってからプロトンは一路内陸へと舵を切る。その後は最大勾配21%の激坂区間を含む2級山岳プイグ・ジョレンサ峠(長さ3.2km/平均9.2%)を2度こなしてから残り800mから脇道へ。非公式ながら25%の激坂区間を経て、最後は地中海を見下ろす標高415mの1級山岳クンブレ・デル・ソル(長さ4km/平均9.1%)と至るという文字通りの山場が続く。逃げグループ、メイン集団共に緊張感を高めつつ、徐々に山岳に近づいていった。

およそ1分半のリードで2級山岳プイグ・ジョレンサ峠に到達した逃げグループでは、ルドヴィグソンの加速で集団が割れ、やがて追いついてきたソレールとの二人旅が始まる。メイン集団ではアタックを警戒して各チームが前方に集う中から、総合タイムを失っているロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼル)が単独で仕掛ける。しかし同調する動きは現れず、キャノンデールの牽引によって引き戻された。

ローテーションを回しながら(ルドヴィグソンはバンプでジャンプを決めながら)逃げる2人だったが、一塊になって峠を目指す集団を引き離すには至らない。単独で粘ったソレールも残り6km地点で、キャノンデールからチームスカイに牽引役をバトンタッチした集団に飲み込まれる。

プイグ・ジョレンサ峠で逃げグループから飛び出したマルク・ソレール(スペイン、モビスター)とトビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン、エフデジ)プイグ・ジョレンサ峠で逃げグループから飛び出したマルク・ソレール(スペイン、モビスター)とトビアス・ルドヴィグソン(スウェーデン、エフデジ) photo:CorVos2度目のプイグ・ジョレンサ峠でアタックするリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)2度目のプイグ・ジョレンサ峠でアタックするリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター) photo:Unipublic/Photogomez Sport

各チームが密集して1級山岳クンブレ・デル・ソルにアタックする各チームが密集して1級山岳クンブレ・デル・ソルにアタックする photo:CorVos
2度めのプイグ・ジョレンサ峠に達し、勾配が18%に達する急勾配区間で、積極的な姿勢を崩さないバルデがこの日2度目のアタックを敢行する。一定ペースを刻むチームスカイに対してネオプロのエンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)とリカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)がバルデに合流し、続けざまにカラパスが爆発的な加速で単独先頭に躍り出た。

逃げ切りも匂わせるカラパスだったが徐々に失速し、ミケル・ニエベ(スペイン、チームスカイ)がハイペースで牽く集団に飲み込まれる。再三に渡るバルデの攻撃も封じられ、15名程度まで絞り込まれた集団がニエベ先頭で残り1kmのアーチを通過した。

総合上位勢でまず動いたのは、1分8秒遅れの総合7位につけるダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ)。しかしフルームがガッチリとマークし、デラクルスがペースを弱めたその瞬間、マイヨロホ自らダンシングでアタックした。

早回しのようなフルームの急激な加速に、番手に付けていたアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)は中切れして脱落。エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)とマイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック)だけが残り200mで追いついたが、それを確認したフルームは再び踏み込み、まずウッズを、そして粘ったチャベスを引き離して独走でフィニッシュへ。ゴールライン上で勢い良くガッツポーズを繰り出した。

チャベスらを振り切ってクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)がゴールに突き進むチャベスらを振り切ってクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)がゴールに突き進む photo:CorVos
力強いガッツポーズでフィニッシュするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)力強いガッツポーズでフィニッシュするクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos
ステージ3位でフィニッシュするマイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック)ステージ3位でフィニッシュするマイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック) photo:CorVosアルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)は12秒遅れのステージ6位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)は12秒遅れのステージ6位 photo:CorVos


ステージ優勝としては昨年大会第19ステージ(個人タイムトライアル)以来、およそ1年ぶりの勝利を飾ったフルームは「最後の数百メートルは持てる力の全てを出してもがいた。ライバルたちは追いつけないと判断したようだ。本当に、本当に勝てて嬉しいよ。チームメイトは素晴らしい仕事をしてくれて、最後の峠で良いテンポを刻んだ。ブエルタ1周目が終わって、これ以上望めないほどに上手く運んでいて、そしてファンタスティックなブエルタ開幕となっている。脚の感触も上々だし、これまで何度も参加してきたブエルタの中でも最高の試合運びだ」とコメント。今回の勝利でボーナスタイムを加算し、チャベスとの差を36秒にまで広げてみせた。

そして総合トップ10内で順位を上げたのは、最後フルームに肉薄したウッズ(9位→8位)と、アタックの口火を切ったデラクルス(7位→6位)。最後に離れながらも6位に入ったコンタドールは総合17位→13位へとジャンプアップに成功している。

およそ1年ぶりのステージ優勝を手にしたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)およそ1年ぶりのステージ優勝を手にしたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Unipublic/Photogomez Sport
ブエルタ・ア・エスパーニャ2017第9ステージ
ステージ結果
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)4h07'13"
2位エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)+04"
3位マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック)+05"
4位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)+08"
5位イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ)
6位アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)+12"
7位ダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ)
8位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)
9位ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシング)+14"
10位ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
11位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)+17"
12位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)+19"
16位アダム・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +27"
DNFヨアン・ルボン(フランス、エフデジ)
DNFイェンス・デブシェール(ベルギー、ロット・ソウダル)
マイヨロホ(個人総合成績)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)36h33'16"
2位エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)+36"
3位ニコラス・ロッシュ(アイルランド、BMCレーシング)+1'05"
4位ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)+1'17"
5位ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシング)+1'27"
6位ダビ・デラクルス(スペイン、クイックステップフロアーズ)+1'30"
7位ファビオ・アル(イタリア、アスタナ)+1'33"
8位マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック)+1'52"
9位アダム・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)+1'55"
10位イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ)+2'15"
マイヨプントス(ポイント賞)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)55pts
2位マッテオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)49pts
3位パウェル・ポリャンスキー(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)44pts
マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)
1位ダヴィデ・ヴィレッラ(イタリア、キャノンデール・ドラパック)37pts
2位トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)18pts
3位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)15pts
マイヨコンビナーダ(複合賞)
1位クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)5pts
2位エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)15pts
3位マイケル・ウッズ(カナダ、キャノンデール・ドラパック)39pts
チーム総合成績
1位モビスター109h06'12"
2位UEAチームエミレーツ+19"
3位アスタナ+4'57"
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 The Climb
投稿者: Chris Froome
出版社: Viking (2015)
装丁: ペーパーバック, 352 ページ
の画像 The Pain and the Glory: The Official Team Sky Diary of the Giro Campaign and Tour Victory (Team Sky Giro & Tour Diary)
投稿者: Team Sky, Sir Dave Brailsford, Chris Froome
出版社: HarperSport (2013)
装丁: ハードカバー, 224 ページ
の画像 Chris Froome: Keniaanse jungle boy
投稿者: Léon de Kort
出版社: B for Booksdistribution (2017)
装丁: ペーパーバック, ページ