ヴァーチャルサイクリングが楽しめるズイフトにて開催される才能発掘プログラム「ズイフトアカデミー」がメンズサイクリングにも拡大される。成績上位の選手にはチームディメンションデータのコンチネンタルチームとプロ契約も与えられる予定だ。以下、プレスリリースより紹介しよう。



Zwiftアカデミー、才能発掘プログラムをプロのメンズサイクリングへ拡大

Team Dimension Dataコンチネンタルチームとプロ契約を結ぶ事ができるTeam Dimension Dataコンチネンタルチームとプロ契約を結ぶ事ができる (c)ズイフトサイクリスト達の世界的なオンライントレーニングプラットフォームであるZwift(ズイフト)は、Team Dimension Data for Qhubekaと共にZwift Academyをメンズサイクリングへと拡大すると発表しました。

9月1日から、2017年のTeam Dimension Data Zwift Academyの全卒業生がZwiftの提供によりクベカへの寄付をアンロックします。成績上位22歳未満の卒業生は、2018年Team Dimension Dataコンチネンタルチームのプロ契約を勝ち取る戦いへと進出します。Team Dimension Data Zwift Academyへの参加登録はhttps://academy.zwift.com/ja/zam2017で公式開始しました。

Academyの第1段階は6週間のトレーニングプランをこなすAcademyの第1段階は6週間のトレーニングプランをこなす (c)ズイフトAcademyの第1段階は、エリートコーチがデザインした6週間の構造化されたトレーニングプログラムと、グループライドやレースのプランで成り立っています。5000名を超えると予想される卒業生の中から、10名のトップU23ライダーが更に2週間のライドとトレーニング完了のために選出されます。

このグループから上位3名のファイナリストが11月に行われるTeam Dimension Data for Qhubekaの南アフリカ・ケープタウンでのトレーニングキャンプへと進出し、そこで1名が2018年コンチネンタルチーム一員としてレースする機会を獲得します。

以前のZwift Academyは女性に限られたトレーニングと才能発掘プログラムでした。2016年にCanyon//SRAM Racing Teamの新人となったリア・ソーヴィソンのUCIワールドツアーサイクリングのプロ契約成功に続き、同様にプロのメンズサイクリングチームとの契約を賞にした男性を含むプログラムへと本格的にプランの拡大が始まりました。

Zwiftについて
長年の自転車スポーツへの情熱と共に創られたZwiftは、熱心なサイクリスト達であると同時に経験豊富なソフトウェアとビデオゲーム開発者達の集まったチーム。その情熱と自転車世界の深い知識を融合させ、Zwiftは屋外サイクリングの体験をインドアの大多数マルチプレーヤーゲームテクノロジーにした世界初の会社。

既存のデバイス(室内トレーナー、パワーメーター、心拍計など)を業界スタンダードのANT+やBLEでワイヤレスに簡単接続するだけで、ビギナーから多数の世界トップレベルのプロ選手を含むアスリート達が150を超える各国から集まり、美しくリアルな3Dワールドで一緒にライドすることが出来る。構造化されたワークアウトやトレーニングプランから、フレンドリーなレースやカジュアルなグループライドまで、Zwiftは共通の興味を持つアスリート達のコミュニティを形成しながらより良いインドアサイクリング体験を追求し続けている。

Zwift(ズイフト)製品概要
利用料: 1,200円/月
対応 OS: Windows、Mac OS、iOS
ダウンロード: http://zwift.com/jp/ または iTunesストア