ジャイアントの軽量オールラウンドレーサー「TCR」の2018モデル先行販売情報が発表。機材サポートを行うサンウェブのチームカラーモデルが発売となり、アルミグレードではチューブレスレディタイヤが標準装備となるアップデートが加わっている。



ジャイアント TCR ADVANCED PRO TEAMジャイアント TCR ADVANCED PRO TEAM (c)ジャイアント
ジャイアントのバイクラインアップで、エアロロードの「PROPEL」とともにレーシングラインとして展開する軽量オールラウンドモデルの「TCR」。先日行われたジロ・デ・イタリアにてトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)の総合優勝にも貢献したバイクだ。無駄を削ぎ落としたフレームデザインとカーボン積層により軽量性を確保しつつ、推進力を最大化させる剛性バランスとエアロダイナミクスを高めるチューブ形状が盛り込まれたハイパフォーマンスなマシンとして、長年同社のラインアップを支えてきた。

扁平させたトップチューブと細身のシートステーにより快適性を生み出し、ストレート形状のフォークによて機敏なハンドリングをもたらす設計。かつ、ジャイアント独自のテクノロジーも各所に採用され、上側1-1/4インチ、下側1-1/2インチの超大径ヘッドチューブ「OVERDRIVE2」により、ステアリング周りのねじれを最小限に抑えることで、信頼感のあるハンドリングを獲得。シェル幅を最大限に拡幅することができるBB86規格の「POWERCORE」ボトムブラケットや、ねじれに対して有利な長方形断面の「MEGADRIVE」ダウンチューブにより、優れた駆動効率を実現している。

TCRに特有のVariantシートポストは空力性と快適性に貢献TCRに特有のVariantシートポストは空力性と快適性に貢献 (c)ジャイアントジャイアント独自のOVERDRIVE2ヘッドも引き続き採用。チューブレスレディタイヤも標準装備ジャイアント独自のOVERDRIVE2ヘッドも引き続き採用。チューブレスレディタイヤも標準装備 (c)ジャイアント

シートポストとシートチューブには、翼断面の「Vector」とD字断面の「D-Fuse」をミックスすることで空力性能と振動吸収性を両立させる「Variant」デザインが採用される。今回発売のモデルはインテグレーテッドシートポストではなく、臼式のシートクランプにて調整が可能だ。

今回登場したブラック基調に赤と白の差し色とチームロゴが入るグラフィックのサンウェブレプリカモデルはセカンドモデルのADVANCED PROグレードにて展開する。フレーム素材にT700グレードの「Advanced」カーボンを採用し、フォークもコラムまでフルカーボンとされたモデルである。コンポーネントはシマノの新型アルテグラで組まれる他、ジャイアントオリジナルのSLR1カーボンホイールが始めからアセンブルされ、まさにベストインクラスといったパーツ構成となっている。

ジャイアント TCR SLR 1ジャイアント TCR SLR 1 (c)ジャイアント
ジャイアント TCR SLR 2(マットブラック)ジャイアント TCR SLR 2(マットブラック) (c)ジャイアントジャイアント TCR SLR 2(ブルー)ジャイアント TCR SLR 2(ブルー) (c)ジャイアント

また、アルミモデルのTCR SLRも同時に先行発売。アルミ素材ながら、フレーム単体で960g(Mサイズ、未塗装)と1kgを切る軽量性を獲得しており、完成車のパッケージでも7.7kg(470mm)とそのままレースに投入できるほどポテンシャルの高いモデルとなっている。18年モデルでは新たにこのSLRグレードにもGAVIA RACE 1チューブレスレディタイヤが標準装備となるアップデートが施され、好みによってチューブドとチューブレスを切り替えることが可能となった。

販売はそれぞれ完成車で行われ、サンウェブカラーのTCR ADVANCED PRO TEAMは350,000円(税抜)、アルミモデルでシマノ新型アルテグラ仕様のTCR SLR 1は225,000円(税抜)、同じくシマノ105仕様のTCR SLR 2が175,000円(税抜)となっている。ハンドルやステム、サドルは全てジャイアントオリジナル製品がアセンブルされ、トータルのコーディネイトが施されている点もポイントだ。販売は7月中旬より順次行われる予定である。



ジャイアント TCR ADVANCED PRO TEAM
フレーム:Advanced-Grade Composite OLD130mm
フォーク:Pro-Spec, Advanced-Grade Composite,Full Composite OverDrive 2 Column
コンポーネント:SHIMANO ULTEGRA
ホイール:GIANT SLR1 Carbon WheelSystem
タイヤ:GIANT GAVIA RACE 1 700x25C TUBELESS READY
サイズ:425 (XS)、445 (S)、470 (M)、500 (ML) mm
重量:6.9kg(470mm)
カラー:チーム
価格:350,000円(税抜)

ジャイアント TCR SLR 1
フレーム:ALUXX SLR-Grade Aluminum OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite,Full Composite OverDrive 2 Column
コンポーネント:SHIMANO ULTEGRA
ホイール:GIANT PR-2 DBL WheelSystem
タイヤ:GIANT GAVIA RACE 1 700x25C TUBELESS READY
サイズ:425 (XS)、445 (S)、470 (M)、500 (ML) mm
重量:7.7kg(470mm)
カラー:アルミニウム
価格:225,000円(税抜)

ジャイアント TCR SLR 2
フレーム:ALUXX SLR-Grade Aluminum OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite,Full Composite OverDrive 2 Column
コンポーネント:SHIMANO 105
ホイール:GIANT PR-2 DBL WheelSystem
タイヤ:GIANT GAVIA RACE 1 700x25C TUBELESS READY
サイズ:425 (XS)、445 (S)、470 (M)、500 (ML) mm
重量:7.9kg(470mm)
カラー:マットブラック、ブルー
価格:175,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 D10 地球の歩き方 台湾 2017~2018
投稿者:
出版社: ダイヤモンド・ビッグ社 (2017)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 416 ページ
の画像 そうだ、台湾いこう
投稿者: 杉森千紘
出版社: セブン&アイ出版 (2017)
装丁: 単行本, ページ
の画像 台湾行ったらこれ食べよう!: 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。
投稿者:
出版社: 誠文堂新光社 (2015)
装丁: 単行本, 144 ページ