30%超えの「壁」が用意されたジロ・ローザの山岳個人TTで、前日の横風分断で遅れたアンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット)が勝利。マリアローザは動かず、前日の結果が響いた與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)はステージ50位に。



南下を続けるジロ・ローザは、アドリア海に面したマルケ州の街、サンテルピーディオ・ア・マーレでの個人タイムトライアルに直面。

フル装備のTTバイクで壁を駆け上がるアンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット)フル装備のTTバイクで壁を駆け上がるアンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット) photo:CorVos
マリアローザのアンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)はステージ2位に入るマリアローザのアンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)はステージ2位に入る photo:CorVosステージ3位、エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、ウィグル・ハイファイブ)ステージ3位、エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、ウィグル・ハイファイブ) photo:CorVos


コース自体は12.73kmと比較的短距離だが、後半にかけてつづら折れを経て獲得標高200m以上の小高い山を駆け上げるため、実質的にはヒルクライムTT。特にゴール直前には斜度30%を超える激坂が用意されており、ほとんどの選手がノーマルバイク、もしくはノーマルバイクにTTハンドルという機材セッティングで臨んだ。

総合勢の中で好タイムをマークしたのは、5位につけるアマンダ・スプラット(オーストラリア、オリカ・スコット)。前大会覇者のメーガン・グアルニエ(アメリカ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)はスプラットに7秒届かなかったものの、前日の横風分断で2分近く遅れたアンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット)はフル装備のTTバイクを用い、唯一25分台に入れる圧倒的なタイムでフィニッシュする。

ステージ4位、アマンダ・スプラット(オーストラリア、オリカ・スコット)ステージ4位、アマンダ・スプラット(オーストラリア、オリカ・スコット) photo:CorVosステージ7位、カタルジーナ・ニウイアドマ(ポーランド、WM3エネルジー)ステージ7位、カタルジーナ・ニウイアドマ(ポーランド、WM3エネルジー) photo:CorVos

走りのリズムを欠いてしまった與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)走りのリズムを欠いてしまった與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ) photo:CorVos
イタリア王者のエリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、ウィグル・ハイファイブ)は41秒、マリアローザのアンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)は1分15秒及ばず、ヴァンヴルーテンのステージ優勝と総合順位の3位浮上が確定。ヴァンデルブレゲンはヴァンヴルーテンの追い上げこそ許したものの、2位ロンゴボルギーニとのタイム差を1分にまで広げることとなった。

「正直コースを見て笑ってしまった。コースプロファイルではほとんど平坦だけれど、実際に登りは壁のようだった。登りTTは好きだけれど、TTバイクで走るのは無理。彼女(ヴァンヴルーテン)以外には誰もいなかったように思う」とヴァンデルブレゲン。

スプマンテを開けるアンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット)スプマンテを開けるアンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット) photo:CorVos
マリアローザを堅守したアンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)マリアローザを堅守したアンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング) photo:CorVos
全日本TT王者の與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)は4分02秒遅れのステージ50位でTTステージをフィニッシュ。

「前日の平坦ステージでドロップした失敗からうまく気持ちの入れ替えができず、少し集中力を欠いてしまいました。平均出力は240w。出力も普段の数値より落としてしまいました。明日から厳しいステージが続きます。総合成績は難しくなってしまいましたが、もう一度気持ちを乗せてレースを続けます」と語っている。
ジロ・ローザ2017第5ステージ結果
ステージ成績
1位アンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット)25'29"
2位アンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)+41"
3位エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、ウィグル・ハイファイブ)+1'15"
4位アマンダ・スプラット(オーストラリア、オリカ・スコット)+1'48"
5位メーガン・グアルニエ(アメリカ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)+1'53"
6位アーレニス・シエラ(キューバ、アスタナ・ウィメンズチーム)+2'01"
7位カタルジーナ・ニウイアドマ(ポーランド、WM3エネルジー)+2'03"
8位クラウディア・リヒテンベルグ(ドイツ、ウィグル・ハイファイブ)+2'10"
9位ハンナ・バーンズ(イギリス、キャニオン・スラム)+2'13"
10位カロルアン・カヌエル(カナダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)+2'17"
50位與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)+4'02"
個人総合成績
1位アンナ・ヴァンデルブレゲン(オランダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング)9h02'352
2位エリザ・ロンゴボルギーニ(イタリア、ウィグル・ハイファイブ) +1'00"
3位アンネミエク・ヴァンヴルーテン(オランダ、オリカ・スコット) +1'36"
4位メーガン・グアルニエ(アメリカ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング) +3'08"
5位アマンダ・スプラット(オーストラリア、オリカ・スコット) +3'29"
6位カタルジーナ・ニウイアドマ(ポーランド、WM3エネルジー) +3'59"
7位カロルアン・カヌエル(カナダ、ブールス・ドルマンス・プロサイクリング) +4'19"
8位クラウディア・リヒテンベルグ(ドイツ、ウィグル・ハイファイブ)+4'36"
9位シャーラ・ギロウ(フランス、エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)+4'50"
10位サブリナ・ストゥルテンス(オランダ、サンウェブ) +4'54"
34位與那嶺恵理(エフデジヌーヴェル・アキテーヌフチュロスコープ)+9'09"
text:So.Isobe
photo:CorVos