キャノンデールから新たにデビューした、フルサスセミファットバイク”BAD HABIT"。リーズナブルな価格の中に、トレイルを楽しむためのスペックを詰め込んだ、山遊びバイクをインプレッション。



キャノンデール BAD HABIT2キャノンデール BAD HABIT2 (c)Makoto.AYANO/cyclowired.jp
4インチ幅を超えるファットタイヤによって、圧倒的なエアボリュームを誇るファットバイク。通常のMTBとは一線を画した乗り味によって、刺激に飢えたエンスージアストを中心にコアな人気を獲得し、一つのジャンルとして定着した感のあるカテゴリーだ。

その極太タイヤがもたらす走破性や安心感によって、これまで一部の上級者以外は走ることが出来なかったような雪や砂浜といったシチュエーションでも、MTBライドを楽しめるようになったのは、ファットバイクがもたらした大きな功績といえるだろう。

3インチのセミファットタイヤを採用する3インチのセミファットタイヤを採用する トップチューブにリアショックはマウントされるトップチューブにリアショックはマウントされる

リアエンドはピボットレスデザインだリアエンドはピボットレスデザインだ クランクはキャノンデールのオリジナルクランクはキャノンデールのオリジナル


ただ、ファットタイヤにはどうしても、「重い」というデメリットがついて回る。登り下りを繰り返すトレイルライドでは、ファットタイヤの重さは疲労に繋がってしまう。一方で、通常のMTBタイヤでは得難いグリップや安心感があることも確か。そのジレンマを解消してくれる新たな規格が、27.5+に代表される「セミファットタイヤ」だ。幅が2.8~3.2インチと、従来のMTBタイヤとファットタイヤの中間あたりに設定されたセミファットタイヤは、両者のいいところ取りのタイヤとなっている。

そんな、最新のトレンド規格であるセミファットタイヤをトレイルライドにぴったりな前後120mmトラベルのフルサスペンションバイクに組み合わせたのが、今回紹介するキャノンデールのBAD HABIT(バッドハビット)だ。ベースとなったのは、27.5インチのトレイル用フルサスモデルとしてデビューしていたHABIT。オールマウンテンの下り性能とXCバイクの登り性能を併せ持つ、キャノンデール曰く「なんでもできて、なんでも楽しい」バーサタイルバイクとしてデビューしたモデルだ。

フロントサスはロックショックスの120mmトラベル REBA RLフロントサスはロックショックスの120mmトラベル REBA RL ボリューム感のあるヘッド回りボリューム感のあるヘッド回り ドロッパーシートポスト用のワイヤーホールも用意されるドロッパーシートポスト用のワイヤーホールも用意される


山遊びに最適なHABITに新たに加わったセミファットモデルのBAD HABITは、よりアグレッシブにトレイルライドを楽しむことが出来るバイクとなっている。ヘッドアングルを寝かせることで下りでの安定感を演出しつつ、大きなオフセット量を持つフロントフォークを採用することで、低速域でも軽快かつクイックなハンドリングを実現した”OutFrontステアリングジオメトリー”は27.5+に最適化されている。

また、ドライブトレインをオフセットさせるAi(アシンメトリックインテグレーション)システムによって、鈍重になりがちなセミファットバイクを機敏な運動性能を持つ一台へと昇華させている。チェーンステイはこれ以上なく詰められ、クイックな回頭性と、シャープな反応性を実現している。

Aiデザインによってリアホイールのスポークアングルおよび、スポークテンションが左右均等にされており、高い剛性と耐久性を持ったホイールに仕上げられている。加えて、前後ホイールともにBOOST規格を採用。フロント110mm×15mm、リア148mm×12mmという幅広のハブを採用することで横方向への剛性が強化され、セミファットタイヤの強烈なグリップを支えてくれる。

”BAD"のみが違う書体で入れられる”BAD"のみが違う書体で入れられる リモートロックアウトを採用しているリモートロックアウトを採用している

キャノンデールが誇るCAADによってフレームは構成されるキャノンデールが誇るCAADによってフレームは構成される リアエンドは148mm×12mmのBoost規格だリアエンドは148mm×12mmのBoost規格だ


フレームはキャノンデールのお家芸ともいえるアルミニウム”CAAD”。マイクロサスペンションであるSAVEテクノロジーを与えられたスマートフォージドアルミフレームは、軽さと強度、剛性を両立し、トレイルライドで出会うどんなシチュエーションにも対応する。リアエンド部はピボットレスデザインとされ、余計なトラブルの要因を排除するとともに、軽く剛性のあるリアトライアングルとなっている。

今回インプレッションを行ったのはシリーズのミドルグレードであるBAD HABIT2。フロントサスはロックショックスのReba RL、リアショックもロックショックス Monarchを採用する。メインコンポーネントは基本的にシマノDeoreで揃えられている。タイヤはセミファット規格のパイオニアであるWTBのbrdgerの3インチモデルだ。トレンドの塊、といった感のあるこのトレイルバイクをインプレッションしていこう。



ー インプレッション

「一日中トレイルを走り回りたい上質な乗り味」山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)

「一日中トレイルを走り回りたい上質な乗り味」山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)「一日中トレイルを走り回りたい上質な乗り味」山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)
名前はワルい感じだけど、実際に乗って見るとインテリジェンスで上質な乗り味を持ったバイクだな、と感じましたね。イメージとしては、長いトレイルを一日かけてのんびり走るようなシチュエーションがぴったりですね。マウンテンツーリングには最高でしょう。

走り自体は、ノーマルのMTBに比べれば重さは否めないです。キビキビ、シャキシャキと走るようなバイクではないです。でもそれはトレードオフで、セミファットならではの浮遊感のある乗り心地はノーマルバイクにはないものですから。

ですので、登りなんかはゆったりと景色を眺めながら走って、下りではグリップと独特のフワフワ感を楽しむような走り方がぴったり。誰かと競うのではなくて、自分のペースでトレイルを楽しむことが出来る、そんなバイクですね。セミファットタイヤなので、スノーライドなども楽しそうですし、120mmトラベルのフルサスですからダウンヒルコースに持っていっても楽しめるでしょう。

キャノンデールのアルミは熟成されているな、というのは改めて感じましたね。ロードではCAADは薄くて軽くて硬い、というイメージですが、MTBだと頑丈で壊れないように作られています。ショップとしては、ちょっと困るくらい壊れないですね。

「リアトライアングルはきちんと制御された動きでコントロールしやすい」山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)「リアトライアングルはきちんと制御された動きでコントロールしやすい」山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)
リンク方式はXCレーシングのスカルペルと共通ですから、とても良く動くんですが、きちんと制御された動きでコントロールしやすい。シンプルで目新しさはないですけれど、その分煮詰められた方式なのでしょう。トラブルも少なそうで安心できますよね。

欲を言えば、レフティが入っているモデルに乗りたかったですね。やっぱりキャノンデールといえばレフティですし、ハンドリングもより機敏になるはずですから。でも、価格がどうしても跳ね上がってしまうので、気軽にトレイルを楽しむためのパッケージとしては、BAD HABIT2はとてもバランスのとれたバイクだと思います。

キャノンデール BAD HABIT2
フレーム:SmartForm C1 Alloy
フォーク:ロックショックス Reba RL Boost 27+
コンポーネント:シマノ Deore
サイズ:SM, MD, LG
価格:320,000円(税抜)



インプレッションライダーのプロフィール

山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店) 山本朋貴(ストラーダバイシクルズ滋賀本店)

滋賀県草津市にあるストラーダバイシクルズ滋賀本店の店長。2011、2012年の全日本マウンテンバイク選手権クロスカントリーマスタークラスチャンピオン。ストイックに自転車競技に取り組んできたが、ストラーダに入社後は、ビギナーライダーのライド初体験の笑顔に魅せられエントリーのお客様にバイクの楽しさを伝えることが楽しみ。最近はトライアスロンに挑戦中。

ストラーダバイシクルズ滋賀本店(CWレコメンドショップ)
ストラーダバイシクルズHP


ウェア協力:アソス

text:Naoki.Yasuoka
photo:Makoto.AYANO