ピナレロがフラッグシップモデル「DOGMA F10」のジロ・デ・イタリア100回大会記念モデル「DOGMA F100」を発表。ロゴマークなどにマリアローザをイメージしたピンクカラーを使用したアニバーサリーモデルだ。



ジロ・デ・イタリア100周年を記念して登場したピナレロ DOGMA F100 Giro d’Italiaジロ・デ・イタリア100周年を記念して登場したピナレロ DOGMA F100 Giro d’Italia (c)ピナレロ・ジャパン
クリス・フルーム(イギリス、チームスカイ)による2015年と2016年のツール・ド・フランス制覇を筆頭に数多くの勝利に貢献してきた先代DOGMA F8。それまでのDOGMA65.1Think2に代表されるようなピナレロの定型ともスタイルから脱却し、エアロダイナミクス性能とDOGMAらしい運動性能の両立を目指した真のオールラウンドバイクであった。

そのデビューから僅か2年半という短いスパンで今年、新たにデビューしたのがDOGMA F10だ。DOGMA F8から波及した新たなピナレロスタイルと、高い整流効果を生み出すFlatBack形状のチューブを継承しつつ、全体を見直すことでより強く、軽く、エアロに、をコンセプトとして生まれ変わったピナレロの新たなフラッグシップモデルだ。

素材はピナレロだけに独占供給される東レのT1100 1Kカーボンを引き続き使用しつつも、カーボンレイアップの見直しによりF8比較で6.3%軽量化。またエアロ性能に関しても同社のTTバイクBOLIDEからのフィードバックを元に、ボトル取り付く部分をくぼませたConcaveダウンチューブや、フロントフォーク先端のフォークフラップにより細やかなアップデートを果たしている。

ジロ・デ・イタリア100回大会を記念しF100ロゴがピンクで配されるジロ・デ・イタリア100回大会を記念しF100ロゴがピンクで配される (c)ピナレロ・ジャパンフレーム各所に描かれたドット模様にもピンクのドットが紛れ込むフレーム各所に描かれたドット模様にもピンクのドットが紛れ込む (c)ピナレロ・ジャパン


そして今回、このDOGMA F10にジロ・デ・イタリア100回大会を記念したアニバーサリーモデルDOGMA F100が登場する。ジロの公式スポンサーをつとめるピナレロ。DOGMA F100にはワンポイントとなるロゴマークやフレーム各所のペイントデザインにマリアローザをイメージしたピンクカラーを配色。華やかしくも落ち着いた雰囲気に仕上げられている。

サイズは42から62まで13サイズを小刻みにラインアップ。豊富なサイズ展開もイタリアンプレミアムブランドたるピナレロの良さだろう。価格はフレームセットで697,000円(税抜)で、エアロヘッドセットとシートポストが付属する。7月より順次入荷予定で限定生産という訳ではないが、予告無く受注を終了する場合があるため、気になる方は早めにチェックして欲しい。

ピナレロ DOGMA F100 Giro d’Italiaピナレロ DOGMA F100 Giro d’Italia (c)ピナレロ・ジャパン


ピナレロ DOGMA F100 Giro d’Italia フレームセット
サイズ:42、44、46.5、47、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5、62
カラー:914 Giro d’Italia
付属品:エアロヘッドセット、専用シートポスト
価格:697,000円(税抜)
7月下旬より順次入荷予定

Amazon.co.jp