ベルギーを拠点に活動するチームユーラシアIRCタイヤが、夏季に若手選手を強化、育成する遠征合宿を行う。現在U17、U19の選手たちの参加希望者を募っている。以下、ベルギー現地でチームを運営する橋川健コーチの案内により紹介する。

2016年にU19サイクリングアカデミーに参加し、ヨハンムセウクラシックに参戦したメンバー2016年にU19サイクリングアカデミーに参加し、ヨハンムセウクラシックに参戦したメンバー (c)Ken Hashikawa
チームユーラシア-IRC TIREは、日本自転車競技連盟より「JCF強化パートナー」として中学生、高校生のロード選手を夏休みの間、欧州で強化、育成する遠征合宿を委託されました。

初開催となった2015シーズンはレース中の落車に加えトレーニング中の落車が頻発した事から、昨年は「トレーニング中の落車ゼロ」を大きな目標としました。この目標を達成するためにサポートを行うチームユーラシアの選手達にも過去の落車の事例を解説し指導を行いました。 

様々な対策を行った事によりトレーニング中の落車はゼロとなりましたが、「レース中の落車」が10回ありました。今年は「レース及びトレーニング中の落車ゼロ」を最も大きな目標に掲げたいと思います。

少年期に養われた「落車に対する意識」は大人となり選手を続ける、続けないに関わらず、自転車に乗るのであればいつまでも役に立ち、事故を低減させる事ができると確信しています。

競技スポーツであり海外遠征を行うまでに打ち込んでいるのであれば、「成績」もとても大事な目標である事には変わりありませんが、先ずは「落車しない意識改革」に足先を向けたいと思います。

今年はインターハイが7月26日〜30日まで開催され、全日本選手権ジュニアロードレースが8月6日に開催されます。

U17で出場を予定しているウェストフランデレンサイクリングツアーのスケジュールも合わせて検討を重ねた結果、U19カテゴリーのアカデミーに関しましては、募集人数を減らして活動する事になりました。人数は減ってしまいますが、安全かつ充実したアカデミーとしたいと考えています。応募数が参加定員を上回った場合は、これまでの戦績、将来の目標等を考慮の上、選考させていただきます。あらかじめご了承下さい。

U17の活動について

期間期間:8月17日前後〜8月29日前後までの約2週間

参加予定レース(確定はまだしておりません)
8月12日 Heestert
8月14日 Meulbeke
8月18日〜20日 WestVlaanderen Cycling Tour (3日間 4ステージ チームタイムトライアル含む)
5レース以上(ステージレース各区間含む)に参加予定です。

参加定員:5〜6名

参加条件:国内で十分にトレーニングを積み、レースに参戦するテクニックを持ち合わせた2001年1月1日から2002年12月31日までに生まれた健康な男子。
タイムトライルレースへの参戦経験がある、もしくは十分なトレーニングを積んでいる選手(ウェストフランデレンサイクリングツアーへ参加する際はTTバイク及びディスクホイールの使用は禁止です。アタッチメントバーは各自で用意していただきます)。

レース及びトレーニングで使用するクリンチャーホイールもしくはチューブレス対応ホイールを用意できる選手。

ベルギーの競技規則の注意点
ホイールはリムハイト35mm以下のホイールのみ使用する事が可能です。使用できるギアはクランク1回転で7.32m以下進むギア比です。例)アウター48TX14T を使用する事が可能です。国内の規則より重たいギアですので、国内の規則に準じたギア(52X16)を使用していれば問題はありません。

U19の活動について

期間 8月17日前後〜8月30日前後までの約2週間

参加予定レース(確定はまだしておりません)
8月20日 Helkijn
8月22日 Langemark
8月24日 Kortemark
8月26日 Kooigem
8月29日 Lendelede
5レース以上に参加予定です。

参加定員:3〜4名

参加条件:国内で十分にトレーニングを積み、レースに参戦するテクニックを持ち合わせた1999年1月1日から2000年12月31日までに生まれた健康な男子。レース及びトレーニングで使用するクリンチャーホイールもしくはチューブレス対応ホイールを用意できる方。

ベルギーの競技規則の注意点
使用できるギアはクランク1回転で7.93m以下進むギア比です。例) アウター52TX14Tを使用する事が可能です。国内の規則と同じギア比です。

以下共通事項

参加費:遠征日時、航空券等の発券時期等により航空券の価格が大きく変わってきますので、航空券の発券が完了するまで参加費は分かりません。昨年は航空運賃代(自転車超過料金含む)、14日間の生活費、遠征費、現地ライセンス発行手数料、エントリー代等を含めた参加費の平均は209,740円でした。この金額以外に、成田空港までの国内交通費、海外旅行者保険料、現地でのお小遣い等が必要となります。

講座の内容について
また期間中は以下の講習を行います。
安全に関する確認(落車事故等について)
メカニック講習(洗車〜初級レベルの整備)
英会話講習(英語圏の講師によるレッスン)
レース参戦時のアドバイス

申請用紙提出期限 4月30日(日)

先ずは下記のメールアドレスに
選手名
生年月日
を記載の上、申請書をご請求ください。
こちらからサイクリングアカデミーに関する概要と申請用紙等をメールにて送付します。
概要を確認していただき申請用紙に記入を行い、メールで申請用紙を提出してください。申請用紙を受領後に選考を行い参加メンバーを決定します。申請を行った時点では参加は決定されていません。のでご注意ください。

橋川 健
Team Eurasia-IRCタイヤ 総責任者兼監督
UCI(国際自転車競技連盟)公認 コーチ
日本自転車競技連盟 ロード部会員

連絡先
[email protected]
橋川 健
Amazon.co.jp 
の画像 Leffe Blonde 330ml 24本 ベルギービール
メーカー: Leffe(レフ)
部品番号:
価格:
の画像 レフ ブロンド 瓶 330ml
メーカー: アサヒビール
部品番号:
価格:
の画像 レフ ブロンド 瓶 330ml
メーカー: アサヒビール
部品番号:
価格: