サントス・ツアー・ダウンアンダーを走ったUCIワールドチームのバイクを紹介するシリーズ第4弾はアージェードゥーゼール、アスタナ、カチューシャ・アルペシンの3チーム。



アージェードゥーゼール ファクター O2

アージェードゥーゼール ファクター O2アージェードゥーゼール ファクター O2 photo:Kei Tsuji
フランスのアージェードゥーゼールはフレームをフォーカスからファクターにチェンジ。チームカラーの水色に塗られたファクターO2(オーツー)をメインに使用する。コンポーネントをスラム・レッドeTapからシマノ・デュラエース9070Di2に、ホイールをジップからマヴィックに切り替えるなど、フレームだけでなくパーツ構成を大々的に入れ替えた。2016年からの継続はフィジークのサドルやコンチネンタルのタイヤ、ルックのペダルに限定される。

シートポストやステム、ハンドルはデンマークのブラックインクで統一。デュラエースDi2のジャンクションボックスはステム下、スペーサーを兼ねたマウントに固定されている。パワーメーターとコンピューターはともにSRM。新たにセラミックスピードのベアリングを各所に採用している。

マヴィックホイールとコンチネンタルタイヤの組み合わせマヴィックホイールとコンチネンタルタイヤの組み合わせ photo:Kei Tsujiデンマーク発のブラックインクのシートポストやステム、ハンドルを使用デンマーク発のブラックインクのシートポストやステム、ハンドルを使用 photo:Kei Tsuji
デュラエースクランクにパワーメーターはSRMデュラエースクランクにパワーメーターはSRM photo:Kei TsujiDi2のジャンクションは専用マウントに装着されるDi2のジャンクションは専用マウントに装着される photo:Kei Tsuji



アスタナ アルゴン18 GALLIUM PRO

アスタナ アルゴン18 GALLIUM PROアスタナ アルゴン18 GALLIUM PRO photo:Kei Tsuji
スペシャライズドからアルゴン18にチェンジしたカザフスタンのアスタナ。ジャージデザインと同様に、フレームカラーはターコイズブルーに黒色を組み合わせ、差し色として黄色が入る。ホイールはヴィジョンで、シートポストやステム、ハンドルはFSA製。サドルはスペシャライズドからプロロゴに切り替えた。

シマノ・デュラエース9070Di2をメインに使用しながらも、FSAのKフォースライトクランク&チェーンリング(パワー2マックスのパワーメーター搭載)やSL-Kブレーキを組み合わせる。FSAの系列メーカーで固められていることからも、FSAとの繋がりが強いチームであることが分かる。チェーンはデュラエースグレードのHG901ではなくアルテグラグレードのHG701。シーズン途中にFSAのセミワイヤレスコンポーネント「KフォースWE」に切り替えるのでないかと見られる。

プロロゴのサドルを新たに採用プロロゴのサドルを新たに採用 photo:Kei Tsujiヴィジョンホイールにシュワルベタイヤの組み合わせヴィジョンホイールにシュワルベタイヤの組み合わせ photo:Kei Tsuji
FSAのSL-Kブレーキを使用するFSAのSL-Kブレーキを使用する photo:Kei TsujiFSAのクランクにチェーンリング、そしてパワー2マックスのパワーメーターFSAのクランクにチェーンリング、そしてパワー2マックスのパワーメーター photo:Kei Tsuji



カチューシャ・アルペシン キャニオン AEROAD CF SLX

カチューシャ・アルペシン キャニオン AEROAD CF SLXカチューシャ・アルペシン キャニオン AEROAD CF SLX photo:Kei Tsuji
登録をスイスに移すなど、ロシア色を減らしつつあるカチューシャ・アルペシンは引き続きキャニオンのアルティメイト CF SLXとエアロード CF SLXを選手の好みに合わせて使い分ける。2016年のチームバイクはマットな乾いた赤色だったが、2017年バージョンは深みのあるグロッシーな赤色に。ジップホイールやコンチネンタルタイヤ、クオークパワーメーターなどのセッティングは変わらず。前年度とセッティングが変わらないことから、他のチームよりステム一体型ハンドルを使用する選手の比率が高い。

メインコンポーネントはスラム・レッドeTap。なお、上記の通りアージェードゥーゼールがコンポーネントをシマノに変更したことで、カチューシャ・アルペシンがUCIワールドチームの中で唯一のスラム使用チームとなった。リアディレイラーは通常のショートケージモデル(最大28T)だが、グランツールなどの厳しい山岳ステージではWiFLiリアディレイラー(最大32T)を投入すると言う。

UCIワールドチームの中で唯一のスラム・レッドeTap使用チームとなったUCIワールドチームの中で唯一のスラム・レッドeTap使用チームとなった photo:Kei Tsuji深みのある赤と明るい赤を組み合わせるフレームカラー深みのある赤と明るい赤を組み合わせるフレームカラー photo:Kei Tsuji
ロングケージのWiFLiではなく通常モデルのリアディレイラーを使用ロングケージのWiFLiではなく通常モデルのリアディレイラーを使用 photo:Kei Tsujiスラム系列のクオークパワーメーターを使用スラム系列のクオークパワーメーターを使用 photo:Kei Tsuji


text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2017年 3月号 [雑誌]
メーカー: 八重洲出版
部品番号:
価格:
の画像 BiCYCLE CLUB(バイシクルクラブ) 2017年 03 月号 [雑誌]
投稿者:
出版社: エイ出版社 ()
装丁: 雑誌, ページ
の画像 BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)2016年11月号
投稿者:
出版社: エイ出版社 ()
装丁: 雑誌, ページ