12月27日、神奈川県足柄上郡の中井中央公園で開催された湘南ベルマーレシクロクロス2015第3戦において前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム)が優勝。2位にもチームメイトの中原義貴が入り、弱虫ペダルシクロクロスチームのワン・ツーとなった。



階段を駆け上るC1の選手たち。足腰が悲鳴を上げそうだ階段を駆け上るC1の選手たち。足腰が悲鳴を上げそうだ


C1のスタート 運動場脇のフラットな舗装路を走り出していくC1のスタート 運動場脇のフラットな舗装路を走り出していく photo:Makoto.AYANO会場となったのは丹沢山系の麓にあたる足柄上郡の中井中央公園。グラウンドや運動場、球場が広がる広大な敷地内に設置された特設コースは、起伏に富む地形を活かして造られた。展望台へと上る階段、雑木林の斜面、グラウンド外周路などを巧みに組み入れ、関東圏のCX大会のなかでは随一とも言える難易度のテクニカルコースとなった。

前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)に喰らいつく兼子博昭(スワコレーシングチーム)前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)に喰らいつく兼子博昭(スワコレーシングチーム) photo:Makoto.AYANOJCXシリーズ戦として関東圏の豪華メンバーを集めたC1は53人がエントリー。スタートダッシュ直後に急斜面登りと階段登りが待ち構える。その後もキャンバー走行を強いられる土の斜面、新区間として登場した雑草と枯れ木が深く繁る土手の斜面登り、そしてまっ平らなグラウンド上に迷路のようにつけられたコーナーなどにより集団は早々に分解して大きくバラけた。

先行したのは前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)、兼子博昭(スワコレーシングチーム)、宮津旭(PAX PROJECT)の4人。やがて宮津が脱落し、前田、中原、兼子の3人に。

テクニカルセクションに長けた前田と中原に、兼子が追従する。前田がスリップして落車、膝を強打するアクシデントがあったが、走り続けるには影響がなかった。二人に喰らいつくように健闘していた兼子も7周目に落車。機材の回復に手間取り、二人からは遅れてしまった。

C1を先頭で駆け上がる前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)C1を先頭で駆け上がる前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム) photo:Makoto.AYANO
ランデブーに入った前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)ランデブーに入った前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム) photo:Makoto.AYANO前田と中原はしばらくランデブーを続けたが、佐藤成彦監督の「勝った方に賞金を出す!」という掛け声とともに前田がアタック。スイッチが入ったようにスピードを上げる。11周めには最後尾スタートだった阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)の追い上げも目立ち、5位まで順位を上げてくる。

得意のウィリーフィニッシュを決める前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム)得意のウィリーフィニッシュを決める前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム) photo:Makoto.AYANOハイペースを刻む前田。そして大きな負荷がかかる階段の難コースに、80%ルールが適応されて次々と除外が発生。残り2周でレースに残れたのはわずか11人というサバイバルレースになった。阿部はさらに追い上げ、4位まで順位を上げた。

終始先頭でペースを上げ続けて逃げ切った前田が、ウィリーを決めてフィニッシュ。先週の東海クロスに続き、JCXシリーズ2連勝、今季3勝目を飾った。そして2位も中原が入り、弱虫ペダルシクロクロスチームとしてワン・ツーとなった。3位に宮津旭、4位には阿部嵩之が入った。

前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)が握手を交わす前田公平と中原義貴(ともに弱虫ペダルシクロクロスチーム)が握手を交わす photo:Makoto.AYANO前田は言う。「階段登り14回は本当にキツかった。途中転んでしまって脚を強打してしまったけど、幸い問題なく走れました。途中で監督に声をかけられた時、自分の中のスイッチがびっくりするぐらい入りました。JCXシリーズは来年も続くので、まだまだ勝ちにいきたい」。

3週間前、前田は体調不良のため期待されたシクロクロス全日本選手権U23の部を冴えない結果で終えている。弱虫ペダルチームとしてもメダル無しという結果になり、佐藤監督は頭を丸めた。しかし先週の東海CXの勝利で調子を取り戻し、昨日も100kmの練習をしてからのレースだったという。ここへきてようやく完全復調を確認したようだ。



平坦や舗装区間をハイスピードで走った阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)平坦や舗装区間をハイスピードで走った阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) photo:Makoto.AYANO新区間として登場した雑草と枯れ木が深く繁る土手の斜面登り新区間として登場した雑草と枯れ木が深く繁る土手の斜面登り photo:Makoto.AYANO

[img_assist|nid=187600|title=グラウンドの迷路のようなコースは高度なハンドルさばきが要求される|desc=photo:Makoto.AYANO|link=node|align=center|width=730|height=]


CL1は武田和佳(Liv)が勝利

先行する今井美穂(CycleClub.jp)に迫る武田和佳(Liv)先行する今井美穂(CycleClub.jp)に迫る武田和佳(Liv) photo:Makoto.AYANOCL1で勝利した武田和佳(Liv)CL1で勝利した武田和佳(Liv) photo:Makoto.AYANO


女子のCL1クラスは好スタートを切って飛び出した今井美穂(CycleClub.jp)だったが、追い上げた武田和佳(Liv)が追いつき、以降は突き放す走りを見せた。

「下りもしっかりと踏み込め、長い階段やグランドでの繰り返すコーナーもリズムよくスムーズに走ることができました。今シーズンの繰り返すミスを総括してクリアできたレースとなりました」と武田。久々の嬉しい勝利となった。



各カテゴリーの勝者たち
C4午前優勝の植田春樹(コムリン)C4午前優勝の植田春樹(コムリン) photo:Makoto.AYANOC3午前で優勝した山岸大地(Team YOU CAN)C3午前で優勝した山岸大地(Team YOU CAN) photo:Makoto.AYANO

マスターズM1で圧倒的な走りをみせた小田島貴弘(maillet SY-Nak)マスターズM1で圧倒的な走りをみせた小田島貴弘(maillet SY-Nak) photo:Makoto.AYANOC4午後で勝利した梶田歩(Champion System Japan)C4午後で勝利した梶田歩(Champion System Japan) photo:Makoto.AYANO

C2で圧倒的な走りを見せた織田聖(Above Bike Store Cycle Club)C2で圧倒的な走りを見せた織田聖(Above Bike Store Cycle Club) photo:Makoto.AYANOC3午後の部を制した江越岳也C3午後の部を制した江越岳也 photo:Makoto.AYANO

ジュニアU15は鈴木皓士(WESTBERG/ProRide)が2連勝ジュニアU15は鈴木皓士(WESTBERG/ProRide)が2連勝 photo:Makoto.AYANOC1表彰式 1位前田公平、2位中原義貴(弱虫ペダルシクロクロスチーム)、3位宮津 旭(PAX PROJECT)C1表彰式 1位前田公平、2位中原義貴(弱虫ペダルシクロクロスチーム)、3位宮津 旭(PAX PROJECT) photo:Makoto.AYANO


リザルト
C1
1位 前田公平(弱虫ペダルシクロクロスチーム)
2位 中原義貴(弱虫ペダルシクロクロスチーム)
3位 宮津 旭(PAX PROJECT)
4位 阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)
5位 山田大介(PAX PROJECT)
6位 兼子博昭(スワコレーシングチーム)
7位 合田正之(Cycle club 3UP)
8位 斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)
9位 重田兼吾(TeamCUORE / 順天堂大学) 
10位 鈴木智之(Cyclery Kirin/KMC/iPlan)

C2
1位 織田聖(Above Bike Store Cycle Club)
2位 河村豪士(SNEL)
3位 植川英治(CLUB viento)
4位 高柴元(Maidservant Subject)
5位 椿大志(ブリヂストンアンカー)
6位 足立文夫(PAX PROJECT)

C3午前
1位 山岸大地(Team YOU CAN)
2位 佐野友哉(TEAM YOUCAN)
3位 小寺晴雄(Team cornerbikes)
4位 水野康弘(FRIETEN)
5位 植田篤
6位 佐藤文明(RaphaCyclingClub)

C3午後
1位 江越岳也
2位 guillaume causse(SNEL)
3位 山中集平
4位 浅野航平(チバポンズ)
5位 サイタナオト
6位 山本敦(湘南ベルマーレサイクル)

C4午前
1位 植田春樹(コムリン)
2位 米田英昭
3位 小笠原匠海(TeamCUORE)

C4午後
1位 梶田歩(Champion System Japan)
2位 長瀬智史(セオレーシング)
3位 河野穣

CL1
1位 武田和佳(Liv)
2位 今井美穂(CycleClub.jp)
3位 川崎路子(PAX PROJECT)
4位 橋口陽子(team 轍屋)
5位 西山みゆき(Team Toyo Frame)
6位 綾野桂子(cycleclub 3UP)

CL2
1位 山本貴子(oci)
2位 後口沙織(ARAI )
3位 西林弘子(サイクルクラブ3up)

M1
1位 小田島貴弘(maillet SY-Nak)
2位 ソガサトル
3位 瀬戸幸正(ベーグルワン)
4位 真田大(USM)
5位 有持真人(Team ARI)
6位 安陪正道(cycleclub3up)

M2
1位 島中弘輔
2位 一柳達也(FRIETEN)
3位 柴田晃(Cycluclub 3up)
4位 高山秀樹(MUUR ZERO)
5位 野崎鉄雄(パインヒルズ ’90)
6位 渡辺和志

ジュニアU15
1位 鈴木皓士(WESTBERG/ProRide)
2位 相原士穏(湘南ベルマーレサイクル)
3位 綾野尋(cycleclub 3UP)

ジュニアJCF
1位 江越昇也(WESTBERG/ProRide J)
2位 江越海玖也(横浜高校自転車競技部)
3位 古谷寛世(エクストリームつくば)

小学1〜2年生
1位 斉藤優斗(Team SAITO)

小学3〜4年生
1位 高橋翔(cycleclub3UP)

photo&text:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 パワー・トレーニング・バイブル
投稿者: ハンター・アレン, アンドリュー・コーガン
出版社: OVERLANDER (2011)
装丁: 単行本, 408 ページ
の画像 究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング
投稿者: 田畑 泉
出版社: 扶桑社 (2015)
装丁: 単行本, 127 ページ
の画像 DVD付き 狙った筋肉を鍛える! 筋トレ完全バイブル
投稿者:
出版社: 朝日新聞出版 (2015)
装丁: 単行本, 95 ページ