日本人の体型に合わせて独自開発するフレームやパーツが支持を集める東京サンエスのオリジナルブランドdixna(ディズナ)より、ナローQファクターを実現した「48mmシャフトペダル」が登場。理想的な足の軌道を実現し、スムーズなペダリングを助けるアイテムだ。


ディズナ ファスト48 MGペダルディズナ ファスト48 MGペダル (c)東京サンエス
欧米人と比べ比較的股関節の幅が狭い傾向にある一般的な日本人ライダーは、ペダリング時の膝の軌道が八の字を描いてしまう場合がある。シューズ位置を可能な限りクランク側に寄せて、足が垂直に上下する理想の軌道に近づけるために、通常のペダルシャフト長の53mmから片側5mmずつ短くし、Qファクターを狭めたペダルが「48mmシリーズ」だ。

48mmシャフトペダルは、入手性の高いルック KEOクリート対応の「ファスト48 MG」「ファスト48」と、シマノSPDクリート対応の「ロードトリップ48」「クロス48」という4種類がラインナップされている。

ディズナ ファスト48ペダル(イエロー)ディズナ ファスト48ペダル(イエロー) (c)東京サンエスディズナ ファスト48ペダル(アップルグリーン)ディズナ ファスト48ペダル(アップルグリーン) (c)東京サンエス

ディズナ ファスト48ペダル(レッド)ディズナ ファスト48ペダル(レッド) (c)東京サンエスディズナ ファスト48ペダル(ホワイト)ディズナ ファスト48ペダル(ホワイト) (c)東京サンエス


ファスト48 MGは軽量マグネシウムボディを採用し、信頼性の高い金属製ながら重量は278gに抑えた48mmシャフトペダルのハイエンドモデル。回転部分には48mmクロモリシャフトにシールドベアリングを組み合わせることで滑らかな動作を実現した。ナローQファクターと併せて、更なるハイケイデンスかつスムーズなペダリングが可能となるだろう。クリートにはフロート角が6°のタイプが付属する。

ファスト48は上位モデルのMGをベースとしボディをアルミに置き換えたセカンドグレード。回転部分には48mmクロモリシャフトにシールドベアリングを組み合わせている。クリートにはフロート角が9°のタイプが付属するため、膝を締めることが容易となり、がに股を防止してくれる。重量は308g。2014年モデルでは従来のホワイトに加え、レッド、イエロー、アップルグリーンというニューカラーが登場し計4色のバリエーションとなった。

ディズナ ロードトリップ48ペダル 表面ディズナ ロードトリップ48ペダル 表面 (c)東京サンエスディズナ ロードトリップ48ペダル 裏面ディズナ ロードトリップ48ペダル 裏面 (c)東京サンエス


ロードトリップ48ペダルはツーリングなどで重宝するロードバイク向けの片面SPDペダル。理想に近いペダリングで、ツーリングも快適に行えるだろう。スモールベアリングを使用することで、薄くシンプルなボディを実現した。そのため、ボディ、シャフトはともにクロモリ製だが、240gという重量に抑えられている。

クロス48ペダルはシクロクロスやMTBといったオフロードシーンで泥詰まりを軽減するデザインのSPDペダル。シューズ位置をクランク側に寄せたことで、高回転が維持しやすく、よりクイックにコーナリングできるという。重量は283gで、カラーはブラックの1色のみの展開。取り扱いは東京サンエス。

ディズナ クロス48ペダルディズナ クロス48ペダル (c)東京サンエスディズナ ファスト48 MGペダル
ボディ:マグネシウム
シャフト:48mmクロモリ
対応クリート:LOOK KEOクリート(6°)
重量:278g(ペア)
カラー:ブラック
価格:7,600円(税抜)

ディズナ ファスト48ペダル
ボディ:アルミ
シャフト:48mmクロモリ
対応クリート:LOOK KEOクリート(9°)
重量:308g(ペア)
カラー:ホワイト、レッド、イエロー、アップルグリーン
価格:6,200円(税抜)

ディズナ ロードトリップ48ペダル
ボディ:クロモリ
シャフト:48mmクロモリ
対応クリート:SPD
重量:240g(ペア)
カラー:グレー
価格:6,300円(税抜)

ディズナ クロス48ペダル
シャフト:48mmクロモリ
対応クリート:SPD
重量:283g(ペア)
カラー:ブラック
価格:6,600円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
投稿者: 渡辺 航
出版社: 秋田書店 (2008)
装丁: コミック, 192 ページ
の画像 舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The First Result [DVD]
メーカー: 東宝
部品番号:
価格: ¥ 9,504