逃げをつくり牽引し、そして優勝したのは阿部嵩之(チーム右京)。堀孝明(宇都宮ブリッツェン)さらに内野直也(EQA U23)ら若手が続いた。女子は西加南子(LUMINARIA)、ユースは石上優大(横浜高校)が優勝。

学法石川高校前からパレードスタート学法石川高校前からパレードスタート photo:Hideaki TAKAGI東日本大震災復興支援大会として3回目の石川ロード。「復興しつつあるがいっぽうで風評被害はまだある」(石川町副町長)のが現状。しかし参加者は昨年より約100人増え、地元の接待所も設けられ会場は賑わう。
1周目、アタックする阿部嵩之(チーム右京)1周目、アタックする阿部嵩之(チーム右京) photo:Hideaki TAKAGI
そして大会に必ず顔を見せるのが現役サイクリストであり日本トライアスロン連合会長であり参議院議員の岩城光英氏と、そして石川町長の加納武夫氏。自転車競技の盛んな福島県の中心は、窪木一茂(マトリックスパワータグ)の母校でもある学校法人石川高校。その石川高校前からパレード走行が始まった。

正式スタート後に大場政登志(キャノンデールチャンピオンシステム)が先行、これに長沼隆行(VAX RACING with SAITAMA)が合流し2人で逃げる。1周目後半に阿部のアタックをきっかけに堀孝明(宇都宮ブリッツェン)、内野直也(EQA U23)、澤田賢匠(キャノンデールチャンピオンシステム)が追走、先頭に合流して逃げは6人に。
ラスト2.5km、ゴールへ向かう先頭集団ラスト2.5km、ゴールへ向かう先頭集団 photo:Hideaki TAKAGI
逃げ6人とメイン集団との差はいったんは広がるがが、5周目に縮まりそして吸収。ここで阿部がアタックして逃げが再編され7人にまとまる。阿部、堀、内野、鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)、大場、池部壮太(マトリックスパワータグ)、小畑郁(なるしまフレンドレーシングチーム)で、阿部、堀、内野、大場は1周目からの逃げメンバー。2名を入れたブリッツェンは鈴木近成が先頭交代に加わり堀を温存する。
阿部嵩之(チーム右京)が優勝阿部嵩之(チーム右京)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI
メイン集団はスピードの変化が大きく20人ほどにまで人数を減らす。ペースメイクの中心は狩野智也(Team UKYO)と鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)。この2人は昨年の本大会でも先頭で戦っている。先頭とメインの間は詰まるが20秒ほどで均衡を保つ。鈴木真理を合流させたくない意思と、そしてブリッツェンも先頭の若手に勝負させたい意思が働く。

最終周回に入っても均衡状態は続き、先頭集団での勝負となり4人でゴールへ向かう。ゴール前でイン側を先行した堀だがアウトから阿部が抜いて優勝。5位大場の直後にメイン集団の先頭、鈴木真理がゴール。ぎりぎりで先頭は逃げ切った。

女子は3周のレース。序盤から西加南子(LUMINARIA)が積極的に走り人数を絞り4人の集団に。中盤からは下澤千亜紀(Team anterior)と武田和佳(ARAIMURACA)が積極的に走るが4人のままでゴールへ。スプリントを西が制し優勝。
女子 西加南子(LUMINARIA)が優勝女子 西加南子(LUMINARIA)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI
ユース/ジュニアは実業団ユースクラスと高体連登録者が走るクラス。石上優大(横浜高校)と雨澤毅明(那須ブラーゼン)が積極的に走り4人の集団でゴールへ。これを高校1年の石上が制し優勝。個人TTとロードのU17全日本チャンピオンの石上は、2週間後のインターハイが楽しみだ。
ユース 石上優大(横浜高校)が優勝ユース 石上優大(横浜高校)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI
結果
P1 115.8km
1位 阿部嵩之(チーム右京)3時間07分28秒
2位 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)
3位 内野直也(EQA U23)+02秒
4位 鈴木近成(宇都宮ブリッツェン)+03秒
5位 大場政登志(キャノンデールチャンピオンシステム)+06秒
6位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)+07秒
7位 山下貴宏(チーム右京)
8位 永良大誠(マトリックスパワータグ)
9位 椿大志(EQAU23)+08秒
10位 頓所哲郎(湘南ベルマーレ)+11秒
E1 渡邊聡(チームオーベスト)が優勝E1 渡邊聡(チームオーベスト)が優勝 photo:Hideaki TAKAGI
Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(チーム右京)
U23リーダー 堀孝明(宇都宮ブリッツェン)

F 40.8km
1位 西加南子(LUMINARIA)1時間17分34秒
2位 下澤千亜紀(Team anterior)
3位 前田愛(TEAM SANREMO)+01秒
E2 ゴールE2 ゴール photo:Hideaki TAKAGI
Jフェミニンツアーリーダー 豊岡英子(パナソニックレディース)

Y 61.4km
1位 石上優大(横浜高校)1時間42分15秒
2位 雨澤毅明(那須ブラーゼン)
3位 柳沼龍佑(あぶくまサイクリングクラブ) 
E3 ゴールE3 ゴール photo:Hideaki TAKAGI
E1 75.0km
1位 渡邊聡(チームオーベスト)2時間02分52秒
2位 若松達人(GRUPPPO ACQUA TAMA)+02秒
3位 風間博之(サイクルフリーダムレーシング)+13秒
4位 今田裕一(DOKYU HOKKAIDO)
5位 中野公之(チームリマサンズ)
6位 原純一(竹芝サイクルレーシング)

E2
54.4km
1位 岩佐昭一(サイクルフリーダムレーシング)1時間27分08秒
2位 長屋一豊(VC Fukuoka)
3位 児玉岳史(筑波大学)
4位 遠藤庫央(チームCB+)
5位 雨澤弘機(ブラウ・ブリッツェン)
6位 香川博(イナーメ信濃山形-EFT)

E3 54.4km
1位 下坂亮(チャンピオンシステム)1時間26分49秒
2位 西村翔(明星大学)
3位 菊地慶一郎(NAMAZU PLUS TOCHIGI)
4位 大島慶多(ブラウ・ブリッツェン)+01秒
5位 池浦巧(MKⅢ)
6位 河合貴明(Honda 栃木)

photo&text:高木秀彰
Amazon.co.jp 
の画像 大人のクルマ旅 福島/山形/宮城 (ヤエスメディアムック410)
投稿者:
出版社: 八重洲出版 (2013)
装丁: ムック, 98 ページ
の画像 僕たちが見つけた道標: 福島の高校生とボランティア大学生の物語
投稿者: 兵藤 智佳
出版社: 晶文社 (2013)
装丁: 単行本, 206 ページ