マウンテンバイクのムーブメントを牽引したトム・リッチー氏が興したフレーム/パーツブランド「リッチー」。ブランドの中核モデルのひとつROAD LOGICがマイナーチェンジ。ジオメトリーやフロントフォークが現代に適した仕様となっている。



リッチー ROAD LOGICリッチー ROAD LOGIC (c)東京サンエス
リッチーのロードバイクとして長年ラインアップされつづけ、その時代ごとの要求を取り入れたモダンクラシックなスチールバイクとしての立ち位置を確立した「ROAD LOGIC(ロードロジック)」。ロードバイクらしい高速走行からグラベルまで様々なシチュエーションに対応できるフレームとしてファンたちから愛されている一台だ。

素材は、リッチーロジックチューブセットと名付けられたトリプルバテッドが施された各チューブ、鍛造切削インテグラルヘッドチューブ。TIG溶接で各部をつなぎ合わせているため、溶接痕が滑らかになり、非常に美しいルックスを実現している。

そんなRoad Logicがマイナーチェンジを果たす。ジオメトリーの変更とともに、タイヤクリアランスを28Cから30Cまでに拡幅したことがトピック。もとより現代のロードバイク、タイヤ事情に沿ったクリアランスだったが、より幅広いタイヤを飲み込む設計とすることで、ツーリングなど速さよりも快適性を重視するライドに適応しやすくなった。

チューブ集合部は美しく仕上げられているチューブ集合部は美しく仕上げられている (c)東京サンエス鍛造切削インテグラルヘッドチューブ鍛造切削インテグラルヘッドチューブ (c)東京サンエス

エンドにはリッチーロゴが輝くエンドにはリッチーロゴが輝く (c)東京サンエスシートチューブのBB側は扁平した形状となっているシートチューブのBB側は扁平した形状となっている (c)東京サンエス


加えてフロントフォークもフレーム設計と合わせて変更されている。もちろん30Cに対応するためであるが、クラウンから先端にかけてフォークブレード全体がボリュームアップしている。オフロード走行時でも安定した剛性を感じられるはずだ。

ボトムブラケットドロップは70mmと一般的なロードバイクと同じような数値とすることで、バイクの振りやすさや軽快さを確保した。シートポスト径は27.2mm。フレーム重量は55cmサイズで1.77kg。ヘッドセットはリッチーのLogic Zero WCSが付属する。

ROAD LOGICの最新モデルは鮮やかな青色で彩られている。カラーの名称はスカイラインブルー。まさに青空のように透き通ったブルーがフレームを包み、爽やかな雰囲気を演出している。もちろんフォークも同色だ。価格は165,500円(税抜)。



リッチー ROAD LOGIC
素 材:Heat-treated and triple-butted Ritchey Logic tubese
フォーク:New Ritchey Carbon Fork
ヘッドセット:Logic Zero WCS drop-in 1-1/8" (41.8 Campagnolo) (included)
サイズ:49、51、53、55
重 量:1.77kg
カラー:スカイラインブルー
価 格:165,500円(税抜)