ファッショナブルなデザインのサイクリングアパレルを展開するGRIDE(グライド)が、2017年の春夏コレクションを発表した。大胆なグラフィックをあしらったモデルから、シンプルで着こなしやすいデザインのモデルまで幅広いラインアップとなっている。



グライド ショートスリーブ

グライド ショートスリーブ(Bloomブラック、SS-65)グライド ショートスリーブ(Bloomブラック、SS-65) (c)GRIDE
大胆な花柄をあしらう大胆な花柄をあしらう photo:Makoto.AYANO目立つデザインを好む方にピッタリだろう目立つデザインを好む方にピッタリだろう (c)GRIDE


カジュアルテイストで普段着感覚に近いデザインを作りたいという思いからスタートしたグライド。春夏と秋冬の毎シーズン、その時のトレンドや想いなどをデザインに反映させるため、最新のコレクションでは常に新鮮な気分で着用することができることが特徴だ。

また、グライドジャージの生産数は少量に抑えられており、他の人とかぶりにくく、個性をアピールしやすい。毎シーズン異なるジャージが登場するため、コレクションとして収集して楽しむことができるのもグライドならではだ。

グライド ショートスリーブ(Herringboneブラック、SS-62)グライド ショートスリーブ(Herringboneブラック、SS-62) (c)GRIDEグライド ショートスリーブ(Herringboneネイビー、SS-63)グライド ショートスリーブ(Herringboneネイビー、SS-63) (c)GRIDE

ピタリとフィットする袖を採用しているピタリとフィットする袖を採用している (c)GRIDEヘリンボーンのデザインが特徴だヘリンボーンのデザインが特徴だ (c)GRIDE


今シーズンの半袖ジャージは、好評を博した2016年モデルの生地が継続して使用されている。ボディはウェア内をドライに保つことができる吸汗速乾性に優れるメッシュ生地、アームは伸縮性の高い生地という組合せだ。アーム部分をヨーロッパで流行している7分丈とし、スタイリッシュに仕上げている。

2017SSの半袖ジャージは「SS-62」から「SS-72」までの9種類。SS-62/63の2着は、フォーマルなジャケットにも使われるヘリンボーン柄をボディにあしらうシックなモデルだ。無地の7分丈袖との切り替えがクールな印象を演出している。シンプルでも派手でもないちょうどいい塩梅のデザインで、大人な雰囲気を感じるウェアだ。SS-62はブラック、SS-63はネイビーというカラーリング。

グライド ショートスリーブ(Classicブラック、SS-66)グライド ショートスリーブ(Classicブラック、SS-66) (c)GRIDEグライド ショートスリーブ(Classicホワイト、SS-67)グライド ショートスリーブ(Classicホワイト、SS-67) (c)GRIDE

シンプルな胴抜きデザインにへリンボーン柄などをあしらうことでアクセントを加えたシンプルな胴抜きデザインにへリンボーン柄などをあしらうことでアクセントを加えた photo:Makoto.AYANOヘリンボーン柄などを加えることで、シンプル過ぎないデザインとしているヘリンボーン柄などを加えることで、シンプル過ぎないデザインとしている (c)GRIDE


SS-65は、ボディ部分に花柄を大胆に描きながらも、モノトーンのカラーリングとシンプルな7分丈袖との切り替えにより、派手になりすぎないデザインを実現したモデルだ。ポップなグライドロゴなどもあしらい、他にはない特徴的なアパレルとなっている。人とは異なったデザインを探している人にはピッタリだろう。

SS-66/67の2着ではクラシカルな胴抜きデザインを採用。ヘリンボーンのようなスラッシュストライプといった様々な柄と色を組みわせることにより、シンプルながら地味すぎないファッショナブルな1着に仕上げている。SS-66はブラック、SS-67はホワイトというカラーリングだ。

グライド ショートスリーブ(Bicolorブルー/ネイビー、SS-69)グライド ショートスリーブ(Bicolorブルー/ネイビー、SS-69) (c)GRIDEグライド ショートスリーブ(Bicolorグレー/ブラック、SS-70)グライド ショートスリーブ(Bicolorグレー/ブラック、SS-70) (c)GRIDE

グライド ショートスリーブ(Unicolorネイビー、SS-71)グライド ショートスリーブ(Unicolorネイビー、SS-71) (c)GRIDEグライド ショートスリーブ(Unicolorボルドー、SS-72)グライド ショートスリーブ(Unicolorボルドー、SS-72) (c)GRIDE


SS-69/70/71/72の4着はグラフィックを持ちいらない最もシンプルなデザインのウェアだ。SS-69とSS-70はBicolorモデルとしてボディと袖で色の切り替えを行うことで、スタイリッシュさを身に着けたモデルとなっている。SS-69はブルー/ネイビー、SS-70はグレー/ブラックという組合せだ。ちなみにSS-70は好評を博し、次回入荷6月を予定しているとのこと。

SS-71とSS-72の2着はUnicolor、ワンカラーで彩られたモデルだ。フラッグをイメージしたグライドの新ロゴが胸とバックポケットに配置されている。カラーはSS-71がネイビー、SS-72がボルドー。半袖ジャージの価格はいずれも11,800円(税込)。

グライド 2017年SSラインアップグライド 2017年SSラインアップ photo:Makoto.AYANO
グライド ショートスリーブ
素材:吸水速乾メッシュ生地、ストレッチ素材
カラー(品番):Herringboneブラック(SS-62)、Herringboneネイビー(SS-63)
        Bloomブラック(SS-65)
        Classicブラック(SS-66)、Classicホワイト(SS-67)
        Bicolorブルー/ネイビー(SS-69)、Bicolorグレー/ブラック(SS-70)
        Unicolorネイビー(SS-71)、Unicolorボルドー(SS-72)
価格:11,800円(税込)



グライド ビブショーツ

グライド ビブショーツグライド ビブショーツ (c)GRIDE
様々なウェアとマッチしやすいシンプルデザインが採用されたグライドのビブショーツ。2017年SSモデルより、イタリア製の高品質ファブリックを使用することで、生地の耐久性が大幅に向上している。高耐久生地となっているため、繰り返し着用しても生地が伸びフィットがゆるくなる心配が少ないという。

太もも部分の素材に圧迫感の少ないストレッチ素材、裾部分に幅広のシリコンテープを採用することで、快適なフィット感を実現した1着だ。肩紐はメッシュ素材とされているため、熱がこもる心配も少ない。

パッドはイタリアCYTECH社製の最高級ロングライドモデル。100キロ以上のロングライドでも痛みを抑える高い快適性が特徴のパッドであり、長時間サドルに座り続けることが可能だ。太もも部分が長めというトレンドのスタイリングだ。カラーはブラックの1色。価格は14,800円(税込)。

グライド ビブショーツ
パッド:サイテック社製ロングライドモデル
サイズ:M、L
価 格:14,800円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 三菱鉛筆 色鉛筆 ユニカラー 36色 UC36CN
メーカー: 三菱鉛筆
部品番号: UC36CN
価格: ¥ 5,184
の画像 ファースト・グライド [DVD]
メーカー: ポニーキャニオン
部品番号:
価格: ¥ 4,104