"風を愉しむ"をテーマとするKOOFU。シティコミューター用にキャップ感覚で着用できるモデル「BC-Via」「CS-1」がラインナップに加えられた。何気ない街乗りでも似合うデザインが特徴だ。



KOOFU BC-ViaKOOFU BC-Via
速いスピードで峠道を駆け下りるロード、障害物を乗り越えながら走るMTBならば、自分の身を守るためにヘルメットを着用するのは当然のことだ。気軽な街乗りの場合はどうだろうか。しっかりとヘルメットを着用しているサイクリストは未だに多くないはずだ。

またロードよりも遅い速度、MTBで走行する場所よりも綺麗な路面の街中は、落車の危険性も少ないと考えている方も多いだろう。しかし、ヘルメット未着用で万が一の落車や事故が発生した場合は、脳震盪など事が重大になりやすいのも事実であり、自分の身を守るためには着用することが望ましい。

BCシリーズと共通のデザインが採用されているBCシリーズと共通のデザインが採用されている KOOFUブランドから帽子感覚で着用できるヘルメットが登場するKOOFUブランドから帽子感覚で着用できるヘルメットが登場する

ベースボールキャップのようなスナップアジャスターを採用ベースボールキャップのようなスナップアジャスターを採用 シティモデルながらJCF推奨を受けているシティモデルながらJCF推奨を受けている


レーシングヘルメットよりも普段着に似合うデザイン、手にとりやすい価格とすることで、シティサイクリングでも気軽に着用しやすくなったヘルメット「BC-Via」「CS-1」がKOOFUのラインアップに追加された。

BC-Viaは、スマートなデザインの極薄タイプ・ハードシェルと、ソフトシェルインモールド成型を融合させた"ハイブリッド製法"を採用。これにより軽量ながら高い衝撃吸収性能と耐久性を両立しているのが特徴である。

CS-1は、KOOFU上位モデルと同様のインモールド成型を採用し、軽量ながら高い衝撃吸収性能と耐久性を両立している。いずれもシティライドモデルながらJCF推奨を受けるほどの保護能力を備えている。

バイザーが標準で付属するバイザーが標準で付属する シェル内部も通気性を考慮したつくりとされたシェル内部も通気性を考慮したつくりとされた


また、共通する点はシックな色合いとシンプルなデザインを採用したこと。付属バイザーを使用することで、よりキャップらしいルックスとなることが特徴だ。コーディネートする服装やシチュエーションに合わせることができるため、ファッションの一部として着用できるスタイルとなっている。

BC-ViaとCS-1の大きな違いはルックスとクロージャーシステムだ。BC-Viaはその名の通り、既にKOOFUラインアップに用意されたBCシリーズのデザインを踏襲したシェルデザインが採用されたモデル。BC-Oroよりも普段使いよりのデザインだが、スポーティーな雰囲気を感じさせるルックスに仕上がっている。

KOOFU BC-Via(マットガンメタ)KOOFU BC-Via(マットガンメタ) (c)カブト
KOOFU BC-Via(マットネイビー)KOOFU BC-Via(マットネイビー) (c)カブトKOOFU BC-Via(マットダークレッド)KOOFU BC-Via(マットダークレッド) (c)カブト


クロージャーシステムは、ベースボールキャップのようなスナップアジャスターを採用。1度フィットするポジションを見つけると、それ以降調整せずに帽子感覚で着用することができる。従来モデルとは一線を画する新しいヘルメットなことが特徴だ。

カラーはマットブラック、マットネイビー、マットガンメタ、マットダークレッドの計4色が揃う。サイズはXS/SとM/Lという2種類。価格は7,200円(税抜)。

KOOFU CS-1(マットヘリンボーン)KOOFU CS-1(マットヘリンボーン)
CS-1は、BC-Viaと比較すると、シェルと付属バイザーともによりカジュアルなデザインに仕上げられているヘルメットだ。普段着ヘルメットと呼ばれるCS-1には、スポーツモデルと同様のダイヤルアジャスターが搭載される。もちろんCS-1にあわせて新設計された軽量モデルだ。

カラーはマットブラック、マットネイビー、マットオフホワイト、マットヘリンボーンという4種類。サイズはM/Lの1種類展開だ。価格は5,900円(税抜)。

今回BC-Via(M/L)、CS-1(M/L)をカブトのS/Mサイズヘルメットを愛用している編集部員が試用し、KOOFU BC-Oro(S/M)と比較した。帽体の形状はオージーケーカブトのブランドと言うだけあり、日本人の頭の形にピタリとするフィットだ。帽体の深さはBC-Via、CS-1ともにやや浅めのつくりで、着用感は重量があるサイクルキャップを被っているかのよう。

シティモデルながらJCF公認だシティモデルながらJCF公認だ バイザーは額部分のパッドを交換する形で装着するバイザーは額部分のパッドを交換する形で装着する

スポーツモデル同様のダイヤルアジャスターが搭載されるスポーツモデル同様のダイヤルアジャスターが搭載される 肉厚のクッションを備えたCS-1肉厚のクッションを備えたCS-1


サイズに関しては、普段着用するS/Mよりもやはり大きめという印象だ。M/Lが大きいと感じる方は、BC-ViaならばXS/Sを試すと良いだろう。対してCS-1の場合は、ダイヤルアジャスターで締め付けられるためM/Lサイズでも対応可能だ。

BC-Viaのスナップアジャスターは、着用する際にダイヤルを緩め、締め付ける作業を必要としないため、キャップ感覚で着用することを可能としている。一方で、調整範囲が限定されており、細かい調整が行えるダイヤル式と比べると大味のフィット感となるため、適正なサイズのシェルを着用し、顎紐の調整をしっかりと行う必要がある。

どちらのモデルもメリット、デメリットはあるが、これまでのスポーツ用ヘルメットにはない気軽に着用できる手軽さは魅力。街乗りでも身の安全のために着用するヘルメットを探している方にはオススメのモデルだ。

KOOFU CS-1(マットオフホワイト)KOOFU CS-1(マットオフホワイト) (c)カブトKOOFU CS-1(マットヘリンボーン)KOOFU CS-1(マットヘリンボーン) (c)カブト

KOOFU CS-1(マットネイビー)KOOFU CS-1(マットネイビー) (c)カブトKOOFU CS-1(マットブラック)KOOFU CS-1(マットブラック) (c)カブト




KOOFU BC-Via
規 格:JCF(公財)日本自転車競技連盟推奨
サイズ:XS/S、M/L
カラー:マットブラック、マットネイビー、マットガンメタ、マットダークレッド
価 格:7,200円(税抜)

KOOFU CS-1
規 格:JCF(公財)日本自転車競技連盟推奨
サイズ:M/L
カラー:マットブラック、マットネイビー、マットオフホワイト、マットヘリンボーン
価 格:5,900円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 OGK KABUTO(オージーケーカブト) KOOFU[コーフー] WG-1 ミランレッド L
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
部品番号:
価格: ¥ 25,920
の画像 OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット KOOFU[コーフー] WG-1 カーボンブラック L 225395
メーカー: OGK KABUTO(オージーケーカブト)
部品番号: 225395
価格: