イタリアのヘルメットブランド、カスクが同郷の老舗バイクブランド、デローザとコラボレートしたヘルメットを日本限定で発売する。デローザのフラッグシップモデル「PROTOS」に採用されたグラフィックが与えらえたスペシャルモデルだ。



カスク Mojito REVOカスク Mojito REVO
今回紹介するのは、カスクの定番軽量ヘルメット、mojito(モヒート)をベースとした日本限定モデルだ。昨年の11月に開催された日本最大の自転車展示試乗会「サイクルモード2016」にて発表されたデローザの新型フラッグシップバイク「PROTOS」の特別仕様カラーである「REVO」カラーをベースに、会場にて用意された4種類のデザインから人気投票で1位となったカラーリングを採用したモデルである。

デローザの特徴的なブランドロゴがちりばめられ、まるで一種の迷彩柄のようなデザインとなった「REVO」カラー。この限定モデルでは、ヘルメットの後ろ半分にグラフィックが配置され、前面は通常のホワイトカラーと同じデザインが採用されている。

裏側はREVOデザインが大きくあしらわれる裏側はREVOデザインが大きくあしらわれる シェルの下側にもREVOデザインが回り込むシェルの下側にもREVOデザインが回り込む

フィッティングシステムはカスク独自のUP&DOWN SYSTEMを採用フィッティングシステムはカスク独自のUP&DOWN SYSTEMを採用 メイドインイタリーのタグが入るメイドインイタリーのタグが入る


アバンギャルドなデザインのREVOカラーながらも、抑制を利かせたレイアウトによって、どんなウエアでもマッチするニュートラルなグラフィックに仕上がっている。ヘルメットの下側に回り込んだアウターシェルにもREVOカラーは配置される。こういった見えづらい部分をこそ派手なデザインとすることで、洒脱な雰囲気が増している。

ベースとなるのは、カスクのヘルメットラインアップの中核となるモデル、mojitoだ。チームスカイのリクエストから生まれた軽量モデルとして、220gという重量を実現した高性能ヘルメットだ。コンパクトな帽体には、20を超えるベンチレーションホールが設けられており、通気性にも優れている。

プロ仕様のヘルメットらしく高い安全性も特徴で欧州のCE ENをはじめ、CPSCやAS/ANZといった安全基準をクリアしている。カスクのアイデンティティでもある上下に可動するフィッティングシステム、「UP&DOWN SYSTEM」を採用することで、幅広い頭部形状に対応することも大きな特徴だ。

カスクとデローザがコラボレートした逸品だカスクとデローザがコラボレートした逸品だ
他にも快適に着用するための様々な工夫が施されている。アメリカのSANITIZED社が開発したクールマックス素材に抗菌加工を施したインナーパッド、フィッティングシステムに搭載されるGEL PADDINGや、肌への刺激が少なく洗濯が可能なECOレザーのチンストラップなどなど。優れたフィット感を実現し、通気性や吸汗性を向上することで、より使い心地の良いヘルメットとして完成している。

基本性能に優れた高性能ヘルメットをベースに、品よく仕上げられたグラフィックを纏う今回のスペシャルモデル。デローザファンにとっては、見逃せない一品となりそうだ。



カスク mojito DE ROSA REVO
カラー:REVO
サイズ:M(48~58cm)、L(59~62cm)
重量:220g(Mサイズ)
価格:22,000円(税抜)

Amazon.co.jp