イタリアのヘルメットブランドKASK(カスク)より、同社初となる本格的オフロード用モデル「REX(レックス)」が登場した。エンデューロレースから休日のトレイルライドまで幅広いシチュエーションにマッチするヘルメットを紹介しよう。



カスク REX(ライム、L.ブルー)カスク REX(ライム、L.ブルー) (c)日直商会
数多くのベンチレーションホールから空気が取り込まれ、頭部を冷却してくれる数多くのベンチレーションホールから空気が取り込まれ、頭部を冷却してくれる (c)日直商会[img_assist|nid=209792|title=後頭部まで覆われるシェルデザインとされている|desc=(c)日直商会|link=node|align=right|width=350|height=]


カスク初となるオフロード用ヘルメット「REX」。エンデューロライダーであるナット・ロスや、MTB全米チャンピオンのソニア・ルーニー、アリー・サッチャーといったプロ選手が、開発に深く携わったヘルメットだ。競技からフリーライドまで幅広いシチュエーションにマッチするヘルメットに仕上げられてる。

帽体はインナーシェルとアウターシェルが一体となるインモールディング製法によって作られ、厳格な安全基準として知られるCE EN1078規格をクリア。加えて、後頭部まで覆われるシェルデザインが採用されており、高いプロテクション性能を実現している。

安全性と並んでプロ選手からのフィードバックを受けて強化した性能は通気性だ。ベンチレーションホールから取り込まれた風を直接頭に当てるクーリング方式ではなく、取り込まれた風はチャネルを通り、ヘルメット内の熱気とともに排出される方式が採用されている。トレイルライドでも優れた通気性を期待できるはずだ。

肉厚のパッドが装備されている。額部分には風を通すための溝が設けられている肉厚のパッドが装備されている。額部分には風を通すための溝が設けられている ゴーグルのベルトを通すパーツが備えられているゴーグルのベルトを通すパーツが備えられている

Octfitというフィッティングシステムが採用されているOctfitというフィッティングシステムが採用されている フィッティングシステムのパッドは左右の開き具合を調節できるようになっているフィッティングシステムのパッドは左右の開き具合を調節できるようになっている


加えて、REXにはトレイルライド用ならではの工夫が施されている。前頭部に設けられた黒いキャップを外すと、ライトやカメラなどを装着することが可能となる。後頭部にはゴーグルのベルトを通すパーツなども設けられている。

パッドには吸汗速乾性に優れるクールマックスが採用され、より高い快適性能を実現。フィッティングシステムはOctfitという指先での調節がしやすいゴム引きのマイクロダイヤルアジャスターが採用されている。ジェルパッドも備えられているため、フィット感にも期待できるだろう。

カラーはライムとL.ブルーという2種類が用意され、サイズもMとLという2種類が揃う。普段カブトのS/Mサイズを着用する筆者は、REXのサイズ感はMで丁度良いという印象だ。帽体はやや浅めという印象だが、後頭部のシェルが頭をまとってくれるような雰囲気を感じる。重量はLサイズで270g。価格は28,000円(税抜)。




カスク REX
安全基準:CE EN1078
サイズ:M、L
カラー:ライム、L.ブルー
価 格:28,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 MTB日和 Vol.27 (タツミムック)
投稿者:
出版社: 辰巳出版 (2016)
装丁: ムック, 111 ページ
の画像 MTBメンテナンス 最新版 (エイムック 3025 BiCYCLE CLUB HOW TO SERI)
投稿者:
出版社: エイ出版社 (2015)
装丁: ムック, 144 ページ
の画像 MTB - 101 Mountain Biking Tips and Techniques (English Edition)
メーカー: Irapua Santos Ribeiro
部品番号:
価格: