1948年に創業したイタリアの老舗バイクブランド、チネリから派生したブートレッグ。ツーリングバイク「HOBO」とトレイルライドに最適な「HOBO MTB」、シティコミューター「MISTIC」、「HOY HOY!」という4台が登場している。



チネリ ブートレッグ HOBOチネリ ブートレッグ HOBO (c)ポディウム
イタリアの老舗バイクブランド、チネリから派生したレーベル、ブートレッグ。カラフルでレーシーなイメージのチネリとは異なり、シンプルかつシックなライフスタイル系ブランドだ。「HOBO」は19世紀後半にアメリカで生まれた自由に移動し、冒険などを求めた人々のように、自由に旅することがコンセプトとなって作られたツーリングバイクだ。標準で前後のキャリアが付属しているため、バッグさえ手に入れれば直ぐにでも旅に出かけられる仕様となっている。

フレーム素材にはサビに強い塗装を施したコロンバス製のクロモリチューブ使用しているため、長い期間にわたってきれいな状態を保つことができるという。変速システムにはシマノ製パーツをアッセンブルすることで、信頼性を確保しており、価格は188,000円(税抜)だ

また、HOBOはバイクで遊べる幅をより広げたフルリジットのMTBもラインナップ。ブレーキはもちろん確かな制動力を備えるメカニカルディスクを採用。コンポーネントはスラムX5の2×10仕様、ホイールサイズはトレンドとなっている27.5インチを採用し、価格は198,000円(税抜)。

チネリ ブートレッグ HOBO MTBチネリ ブートレッグ HOBO MTB (c)ポディウム
チネリ ブートレッグ HOBO
フレーム:コロンバス製クロモリ
価格:188,000円(税抜)

チネリ ブートレッグ HOBO MTB
フレーム:コロンバス製クロモリ
価格:198,000円(税抜)



チネリ ブートレッグ MISTIC
チネリ ブートレッグ MISTICチネリ ブートレッグ MISTIC (c)ポディウム

「都市を快適に速く、カッコよく移動する」というコンセプトのもとに生み出されたシティコミューター「MISTIC」。アーバンライドで映えるようにフレームカラーをブラックとして、各パーツにアルマイトレッドのポイントをあしらうことで、スタイリッシュに仕上げた1台だ。

フレームはコロンバスのアルミ素材「アロイ6061カスタム」を使用し、ホイールにはこのモデルのために用意されたチネリオリジナルのディープリムホイールをアッセンブル。このホイールは片側17Tの固定ギア、片側18Tのフリーギアとなっている構造で、好みに合わせてギアを選択できることが特徴だ。また、他のパーツもチネリ製でまとめ上げており、細部まで拘ったバイクと言えよう。

チネリ ブートレッグ MISTIC
フレーム:アロイ6061カスタム アルミ
価格:116,000円(税抜)



チネリ ブートレッグ HOY HOY!
チネリ ブートレッグ HOY HOY!チネリ ブートレッグ HOY HOY! (c)ポディウム
「HOY HOY!」は、フレームカラーとアッセンブルされるパーツを全てブラックで統一することで、街中に溶けこむようなルックスとした1台。その中でも、チネリのグラフィカルなグリップを装着することで、チネリらしい遊び心を演出している。

コロンバスのアルミ素材「アロイ6061カスタム」を素材に使用したフレームに、街中の段差も無理なくこなせる32Cタイヤをアッセンブル。ブレーキは前後共にメカニカルディスクブレーキをアッセンブルすることで、天候に左右されない制動力を確保。前後のフェンダーも標準で装備することで、通勤通学に最適なバイクに仕上げている。

レーシーなチネリとは異なった趣きのあるブートレッグ。ツーリングバイクを探しているライダー、スタイリッシュな街乗り用バイクを検討中の方、HOBOのようなストーリーに憧れる方にはオススメのバイクだ。

チネリ ブートレッグ HOY HOY!
フレーム:アロイ6061カスタム アルミ
価格:128,000円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 hobo (ホーボー)『"hobo Basic" Daypack 23L』(Olive)
メーカー:
部品番号:
価格:
の画像 ほぼ日手帳公式ガイドブック2015 LIFEのBOOK
投稿者: ほぼ日刊イトイ新聞
出版社: マガジンハウス (2014)
装丁: 単行本(ソフトカバー), 159 ページ
の画像 ほぼ日手帳 WEEKS 2015タイ&チーフ(チドリドット)
投稿者:
出版社: 東京糸井重里事務所 (2014)
装丁: Diary, ページ