イタリアの老舗サイクルアパレルブランド、デマルキ。その秋冬コレクションより、今回は「サーマルレーシングジャケット」「クラシックソフトシェル」のトップス2種類と、「ウィンドプルーフビブタイツ」「ハイブリッドビブタイツ」のボトムス2種類を紹介しよう。



デマルキ Thermal Racing Jaket

デマルキ Thermal Racing Jaketデマルキ Thermal Racing Jaket photo:Makoto.AYANOデマルキ Thermal Racing Jaket(背面)デマルキ Thermal Racing Jaket(背面)


Thermal Racing Jaket(サーマルレーシングジャケット)は生地に「テルマシールドエアブロック」を使用した冬用ジャケット。3層構造を採用するこの生地は、防風・防水性と通気性を兼ね備えたストレッチ膜を中間層に配すことで高い保温性とごわつきの無いしなやかな着心地を両立したことが特徴だ。また、内側も伸縮性と暖かさを兼ね備える起毛素材としている。ジッパーの内側には冷気をシャットアウトするフラップを設けた。

冷気が当たりにくくムレやすい背中、脇の下、腕の内側には裏起毛ながら薄手で冬用素材としては放熱性の高いテルモルーベHTを配置。止まった際にはしっかりと熱を放出し、汗による冷えを防止した。ジャケット全体の裏面には二酸化チタン加工が施されており、ニオイの発生を防いでくれる。

シンプルなデザインで手持ちのウェアと合わせやすそうだシンプルなデザインで手持ちのウェアと合わせやすそうだ イタリアンブランドであることを表すトリコローレがあしらわれているイタリアンブランドであることを表すトリコローレがあしらわれている

バックポケットはオーソドックスな3セパレーションとジッパー付きポケットの4つが備えられているバックポケットはオーソドックスな3セパレーションとジッパー付きポケットの4つが備えられている 肩周りは左右でセパレートしたパターンを使用することで、腕を前へ突き出しやすくする肩周りは左右でセパレートしたパターンを使用することで、腕を前へ突き出しやすくする


ジャケットは13枚のパネルで構成されており、前傾ポジション時の身体の曲線に最適になるようにカッティングされている。例えば、背中から腕の外側にかけてを1枚のパネルとすることで、腕を前に出してもシームが当たりづらく、腕の付け根が突っ張りにくいため、快適な着心地になっている。もちろん、防風性を備えながらも伸縮性に富む素材も、ストレスフリーな着用感に貢献している。

ポケットはオーソドックスな3分割タイプに加えて、貴重品を入れるのに便利なジッパー付きポケットが備えられている。裾にはグリッパーが配されているため、ズレにくい。前身頃、バックポケット部分には反射素材も備えられているため被視認性も良い。袖口はカットオフの仕様となっており、グローブの内側に潜り込ませることも可能だ。

サイズはS、M、L、XLという4サイズの展開だ。デマルキのサイジングによるとMサイズに対応するのは胸囲93~99cmだ。実際のMサイズの寸法は着丈(前)50.5cm、身幅(脇下)48.5cm、袖丈72cm、袖幅14cmで、レイヤリングを考慮してサイズを選びたいところだ。カラーはブラックのみ。価格は34,000円(税抜)。

デマルキ Thermal Racing Jaket
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ブラック
価格:34,000円(税抜)



デマルキ Classic SoftShell

デマルキ Classic SoftShellデマルキ Classic SoftShell デマルキ Classic SoftShell(背面)デマルキ Classic SoftShell(背面)


Classic SoftShell(クラシックソフトシェル)は、上記のThermal Racing Jaketよりも更に低い気温・悪天候に対応するジャケット。防風・防水性と伸縮性兼ね備えるテルマシールドエアブロック素材を採用し、機能性と着心地を高いレベルで両立している。中間層のストレッチ膜はそのままだが、内側の起毛素材はより保温性を高めるため、毛の密度の高いものを採用。厳冬期でも優れた保温性を発揮するはずだ。

大部分が防風素材となっている中、バックポケット部分の裏地は薄手のメッシュとし、特に熱を発する体幹部分の保温性を最適化している。バックポケットは左右に1つづつ設けられたジッパータイプ。胸元にも小物を入れるのに最適なジッパーポケットが設けられている。

数多くのパターンを使用することで前傾ポジションを取りやすくした数多くのパターンを使用することで前傾ポジションを取りやすくした 左右でセパレートされた肩周りは前傾姿勢を取りやすくしている左右でセパレートされた肩周りは前傾姿勢を取りやすくしている

長めの身頃を採用している長めの身頃を採用している バックポケットは横開きで容量が大きく使い勝手が高いバックポケットは横開きで容量が大きく使い勝手が高い


ジャケットは13枚のパネルで構成されており、それぞれのパネルは前傾ポジション時の身体に沿うようにカッティングされている。肩や腰回りは前傾になっても生地が突っ張らないように、左右で2分割に。この結果、生地は厚手ながらも伸縮性が高いためゴワつきを感じにくく、快適な着心地に仕上がっている。

サイズはS、M、L、XLという4サイズの展開だ。こちらもデマルキのサイジングによるとMサイズに対応するのは胸囲93~99cm。Mサイズの寸法は着丈50cm、身幅50cm、袖丈76cm、袖幅17cmだ。Thermal Racing Jaketとほぼ同じサイジングだが、胴回りと袖はゆとりを持って作られている。カラーはブラックとアイスブルーという2色展開。価格は36,000円(税抜)。

デマルキ Classic SoftShell
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ブラック、アイスブルー
価格:36,000円(税抜)



デマルキ Windproof Bib Tight

デマルキ Windproof Bib Tightデマルキ Windproof Bib Tight 足紐は幅が広く、伸縮性に富むため快適な着用感が得られる足紐は幅が広く、伸縮性に富むため快適な着用感が得られる


Windproof Bib Tight(ウィンドプルーフビブタイツ)はデマルキのテクノロジーを詰め込んだ冬用ボトムス。メインの生地には防風・防水性、通気性、透湿性を兼ね備えたテルマシールドエアブロックを採用し、風が当たる前面に配すことで高い防寒性を実現した。一方、風が当たりにくい部分には通気性に優れるテルモルーベHTを使用することで、快適性を高めている。

このタイツ1枚に使用されたパネルは17枚と多く、ストレスフリーな前傾ポジションどりを可能としている。特に膝部分はペダリングの妨げにならないよう、計6枚のパネルに分けられている。一方お尻から腰にかけては左右それぞれ1枚のパネルとし、生地のストレッチ性を活かした作りとした。

股上の生地をお腹まで延長することで、冷気による冷えを防止。ビブは前面の肩までは起毛素材を採用したのに対して、背中の方にはメッシュ素材を配置している。背中にはトランシーバーを入れるポケットも装備されるなどレースでの使用を考慮した仕上げとなっている。

痛みの原因となるサドルとの接点に高密度フォームを配し、快適性を向上させた痛みの原因となるサドルとの接点に高密度フォームを配し、快適性を向上させた パッドはサイテック社製の「エンデュランスHP スーパーエアパッド」だ。デマルキ用に設計されたパッドで、しびれや痛みの原因となるサドルとの接点には120kg/m3の高密度フォームを配することで、ストレスを軽減。長時間のライドなどに最適な快適性を備えている。

サイズはS、M、L、XLという4サイズの展開だ。デマルキのサイズチャートによるとMサイズは身長168~178cmのライダーに適しているという。実際のMサイズの寸法は股下68cm、股上38cm、ウェスト38cmだ。ウェスト部分は立体パターンとなっているため、フィット感は良い。

デマルキ Windproof Bib Tight
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ブラック
価格:31,000円(税抜)



デマルキ Hybrid Bib Tight

デマルキ Hybrid Bib Tightデマルキ Hybrid Bib Tight 膝裏に独立した1枚のパネルを使用することで、ストレスフリーなペダリングを実現する膝裏に独立した1枚のパネルを使用することで、ストレスフリーなペダリングを実現する


Hybrid Bib Tightは上記のWindproof Bib Tightより気温が高い日に活躍する1着だ。高い防風・防水性を備えるテルマシールドエアブロックを風が最も当たりやすい腹部から膝にかけて配置。その他の部分をテルモルーベHT素材とすることで、高い快適性を実現している。

パネル数も17枚とWindproof Bib Tight同様だが、シンプルなパネルで構成されている。前傾姿勢を取りやすく、ペダリングがしやすいように腹部から足にかけてを1枚のパネルとしたり、膝部分を複数のパネル構成とするなど工夫が多く見て取れる。

パッドはWindproof Bib Tightと同様サイテック社製の「エンデュランスHP スーパーエアパッド」だ。デマルキ用に設計されたパッドで、しびれや痛みの原因となるサドルとの接点には120kg/m3の高密度フォームを配することで、ストレスを軽減。長時間のライドなどに最適な快適性を備えている。

サイズはS、M、L、XLという4サイズの展開だ。デマルキのサイズチャートによるとMサイズは身長168~178cmのライダーに適しているという。実際のMサイズの寸法は股下68cm、股上38cm、ウェスト38cmだ。ウェスト部分は立体パターンとなっているため、フィット感は良い。

デマルキ Hybrid Bib Tight
サイズ:S、M、L、XL
カラー:ブラック
価格:30,000円(税抜)